Bittersweet in NZ

ウトです。もっとみんなが暮らしやすい国づくりに参加したくて、NZ労働党メンバー・多文化メンバーをしている普通のお母さんです。*政治を考える=生活基盤をつくること*NZの大学で英語講師をするイギリス人夫を支えながら思うこと * 後半期に入ったNZでの3人の子育て*元日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇されて闘ったこと*子供の聴覚情報処理障害(APD)の改善チャレンジなど、個人的意見と体験を書いています。(the) MelvinsとSleepとHigh on Fireを聴きながら。

NZで不当解雇

NZ不当解雇体験記15。もう一つのInvestigation Meeting。

2つ目の調停は、 松野氏に散々開始を延期されたあげく、 調停日前日にキャンセルされたため Employment Relations Authority(ERA)に行くようにと、 Ministry of Business, Innovation & Employment (MBIE)に言われて、 1つ目のInvestigation Meetingの5…

NZ不当解雇体験記14。私のInvestigation Meeting。

Investigation Meeting 当日。 よりによって、夜中に犬が2回も下痢して(なに拾い喰いしたの?) 2回も起こされて、寝不足。 もうホント大事な時に限って、 子供が熱!下痢!水ぼうそう!とかになりますね。 それでも子供たちのお弁当を作り、犬をお留守番…

NZ不当解雇体験記13。Authorityにたどり着くまでの、葛藤。

突然解雇されて、調停をしてAuthorityで審議をする。 ここまで順調に来たのかというと、決してそうじゃないんです。 納得してないのに、元雇用主の勝手で解雇されて、 普通だったら、どうしますか? 移民の場合「忘れて、次の仕事生活に移ろう」って なるだ…

NZ不当解雇体験記12。もう一つの調停がドタキャンされた!!!

そうして、もう一つの調停日が終わるまで待っている間に Authority Conference Callという三者電話会議が行われることに。 Authority Memberから、私に電話がかかってくることになっている。 このAuthority Memberという人は、 どうやらInvestigation Meetin…

NZ不当解雇体験記11。Authority(ERA)に審議申請をした後に。

Employment Relations Authority(ERA)に 正式にInvestigation Meetings、審議の申請手続きを提出すると、 数日後「申請受理の通知」が、郵送で届きます。 ERA申請時に提出した「The statement of problem(陳述書)」が、 相手に送られたことと、 訴えられ…

NZ不当解雇体験記10。もう一つの調停。

私の調停は不成立に終わりました。 Ministry of Business, Innovation & Employment (MBIE)によると 不当扱いを受けてから 不正解雇だと、90日以内相手に送らないといけないのですが、 未払い報酬の場合、90日じゃなくていいそうです。 提出した「不服…

NZ不当解雇体験記9。私の調停。

そして、後日。 調停(Mediation) の話し合いをしました。 調停の一週間前くらいに、関係書類を前もって提出するように Ministry of Business, Innovation & Employment (MBIE)から連絡がきます。 ここで証拠書類をしっかり提出しておきましょう。 Mediati…

NZ不当解雇体験記6。元雇用主との話し合い。

<不当解雇体験記5の続きです。> それから、他にも Community Law Centreの無料の法律相談でも、相談しました。 communitylaw.org.nz 私の時は、電話相談の予約をしてから相談しました。 雇用契約には、 「従業員による規則の不履行や窃盗など雇用継続が難…

NZ不当解雇体験記5。Department of Labourに相談してみた。

<不当解雇体験記4の続きです。> uto87.hatenablog.com 2015年。年が明けた。 クリスマス直前に、元雇用主・松野太郎氏から送られた 突然の「裏切り解雇通知」で 家族のためのママの笑顔も、苦々しく。 無理矢理お正月が過ぎて、クリスマス休みが終わ…

NZ不当解雇体験記4。突然の解雇通知を受け取って。

<抜けてた体験記3の続きです。> uto87.hatenablog.com 「そうきたか…」 元雇用主の特許翻訳家・松野太郎氏が永住ビザ取得したら 私との雇用契約は切るかもしれない。 予想していなかったわけではなかった。 でも、永住ビザのスタンプが貼られたパスポート…

NZ不当解雇体験記3。仕事始まってから、突然の解雇通知まで。

元雇用主との初めての話し合いから、年が明けた2013年から仕事が始まりました。 元雇用主は、((一部削除)) メール文書で仕事内容の詳細を送ってきました。 2013年と2014年の2年間、元雇用主とはとてもいい関係でした。 仕事ぶりにとても満…

NZ不当解雇体験記2。仕事について、初めての話し合い。

<NZ不当解雇体験記1の続きです> uto87.hatenablog.com 私たち夫婦は、別に職探しをしていたわけではないので うちにメリットがなければ、お断りするつもりでした。 すると元雇用主は、「自分のクライアント達は日本でも大きな会社で、 長年いい関係を築い…

NZ不当解雇体験記1。元雇用主家族との出会い。

元雇用主の家族との出会いは、2012年の小学校の校庭でした。 お互いの子供が、同じ小学校に通っていたのです。 その頃、我が家の末っ子がその小学校のシニア(高学年)で、 元雇用主のお子さんがジュニア(低学年)。 学年に開きがあるので、頻繁に会う…

不当解雇体験記。はじめに+

NZのオークランドに住んでいる人はかなり感じていると思うのだけど、 本当に人が増えてきました。 車が多すぎて渋滞もすごいし、 “Park and Ride” というバスステーションは、 自家用車を駐車してバスに乗るシステムなのだけど、 いつも駐車場は朝の時点で満…

NZで不当解雇された体験記。はじめに。

NZ移住を考えている人や NZの永住権にチャレンジをしている人へ。 これは、NZ不正解雇と報酬未払いをされ 日本人の元雇用主の永住権取得に利用された、お人よしの体験談です。 私たちのようにだまされたり、人を裏切ってまで永住権をとることのないように 体…