Bittersweet in NZ

ウトです。もっとみんなが暮らしやすい国づくりに参加したくて、NZ労働党メンバー・多文化メンバーをしている普通のお母さんです。*政治を考える=生活基盤をつくること*NZの大学で英語講師をするイギリス人夫を支えながら思うこと * 後半期に入ったNZでの3人の子育て*元日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇されて闘ったこと*子供の聴覚情報処理障害(APD)の改善チャレンジなど、個人的意見と体験を書いています。(the) MelvinsとSleepとHigh on Fireを聴きながら。

NZ不当解雇体験記22。「隠匿」と「労働の搾取」2

新しいLabour党の移民大臣&労働大臣、
 
イアン・リース ギャロウェイ(Iain Lees-Galloway )は
 
移民と留学生に対する権利侵害の正式な調査を開始するそうです。
 
リース ギャロウェイ大臣は
移民に対する搾取に関し、移民自身の口から聞きたいそうで
新政府の最優先事項なのだそうです。
 
 
「隠匿」「労働の搾取」
 
隠匿と労働の搾取、両方やる人もいます。
 
ドットコムみたいに「隠匿」だけ
悪徳レストラン経営者みたいに「労働の搾取」だけじゃなくて
 
堂々と隠匿と労働の搾取の両方をやる人もいますね。
 

f:id:uto87:20180312095250j:plain

 
隠されて本当のことがわからないということ
 
自分の体験からも思うけれど辛いですね。
 
MBIEで言われましたが、
「労働者が雇用法(Employment Act)を熟知していないのは仕方のないものと捉えるが、雇用主は熟知しているものと考えられるので、雇用主は雇用法を厳守しなければならない。」のだそうです。
 
私の時は、自分で最初にちゃんと調べればよかったんだけど
雇用される側としては、雇用法をちゃんと理解していないのはよくあることで、
 
ある意味致し方のないことだ、とMBIEに言われました。
雇用法を厳守しなければいけないのは、経営者のほうである、と。
 
そんな風にして、「知らない」ということで、どんどん苦しくなって
移民や留学生だったら、立場が弱くて泣き寝入りしてしまいがちだから
発言すること、声を聞いてもらうことから、はじめの一歩だ。
 
 
 
 
(続く)

SaveSave