Bittersweet in NZ

こんにちは、ウトです。NZで暮らしながら自分にできる行動ってなんだろう?と自問をよくしてる3人の子のお母さんです。*子供の聴覚情報処理障害(APD)の改善チャレンジをしたり、*NZで日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇された体験のシェアがきっかけで→East Windイーストウィンド詐欺被害者のお手伝いをすることになったり。NZ Labour 労働党& Multicultural メンバーもしてたり、いろいろ好奇心はあるほうです。個人的な体験と思いを、気の向いた時に綴る雑記です。

「NZ ニュージーランド」に、だまされないために(4)アジア人差別とイーストウィンド 詐欺の放置

f:id:uto87:20210420185203j:plain

 
こんにちは、ウトです。
 
今回は、読むのが疲れる人に向けて、始めだけ試しにちょっと話してみました。
 

母乳育児あるある:ママたちのしんどさ。

f:id:uto87:20210313193054j:plain

あ〜〜〜〜わかるな〜〜〜〜! って見てたの。
 
「新米ママの『授乳の苦悩』赤裸々に伝えたCMに共感の声続々。」
 
っていうのが気になって。
 
 
アメリカで放送された、育児用品ブランド「Frida Mom」のCMで
新米ママたちの授乳の日々の現実を乳房を隠さずに伝えたことで、
反響があったらしいのです。
 

「NZ ニュージーランド」に、だまされないために(3)関係当局に無料で問い合わせて通報する。

f:id:uto87:20210220222159j:plain

NZには1996年に設立した、
イーストウィンド という、日本人による移住あっせん・金融取引業会社がありました。2019年2月末に、経営者のトム田中(本名アシカガ マサトモ)社長が急死して、突然会社が営業停止するまで、イーストウィンド と関連会社は、無認可で日本人顧客に、移住ビザアドバイス・金融取引業・不動産業などを行っていました。
 
23年間で、イーストウィンド が有資格だったのは、
 
イーストウィンド だけでなく、資産運用や移住支援サービスを提供していた関連会社7社は、現在も清算手続き中で、2019年12月からは、NZの重大詐欺捜査局(SFO、Serious Fraud Office)によって捜査中です。
日本人NZ人を含むスタッフや関係者によって、顧客から資産運用と称して集めながら
回収できない金額は、200人以上にのぼる日本人顧客の申し出があったものだけで
4500万NZドル(約31億円)。8割以上が日本在住の日本人だったそうです。
この被害金額には、移住ビザ詐欺は入っていません。
私は、NZで不当解雇され司法認定されたことが報道されて以来、
注意喚起の発信をしてきたことがきっかけで
たまたまイーストウィンド 問題を知ることになって、
日本人移民による、長年の投資移住ビジネスの悪用の全容解明を願う
被害者や協力者と、交流するようになりました。
 
ここまで被害が増える数年前から、被害者達は被害拡大を危惧し、
問題提起をしていましたが、残念ながら、危惧していた通りになってしまいました。
 
 
数年前にすでに訴えていた被害者の切実な思いを、一部ではありますがお伝えします。
 
「NZや日本で田中の率いる国際詐欺団に騙された人達のほとんどが、一文無しにされ反撃のチャンスすらないのが現状です。 一刻も早く取り締まって頂かないと被害者が増え続け何が起こるか分からない、大変な国際的スキャンダルに発展しかねません。 East Wind代表の田中は、NZ、日本以外にも、シンガポール、香港においても同様の説明会を開いています。 これ以上、私のような被害に遭う人達を無くす為に、またNZのイメージにも決して良くありませんので、日本警察とNZ警察協力の元、East Wind の組織犯罪撲滅に向けた、迅速なる捜査をされる事をお願い致します。」
 
また別の元利用者は、全容解明と再発防止の法整備について、
このようにおっしゃっています。
 
「これ以上罪作りな事が増えないようにして、そのような事が起こりかけても早期に軌道修正出来るような仕組みがあれば、日本人同士が分断されたりする事なく、
ニュージーランドが本来持っている、水も空気も人も素朴できれいなものが維持し続ける事ができるでしょう。逆にNZの良さが利用されないように。」
 
 
被害者達は、ただ騙されっぱなしになっていたのではありません。
本当は、無料でできる当局への通報や苦情申立があるのに、
それを知る環境にいなかったのです。
 
被害者達を支えるべき人達には「正攻法でいきましょう」と言いながら、
無料の当局通報や苦情申立の方法を隠しておくことで、
何でもかんでも「まず弁護士依頼(+翻訳作業)」につなげる
「公認翻訳者」という立場の人物がいて、
時間がかかるのに成果の出ない作業が続けられていました。
 
 
<金融サービスプロバイダー資格の確認と通報>
 
あなたのお金を送金や預金する業者は、NZと日本で許可を得ていますか?
 
ニュージーランドの金融サービス法改正法が、2021年3月15日に施行されます。
 
これは、金融サービスプロバイダー名簿(FSPR)の
悪用を取り締まるための新たな規制で、
規制の行き届いた法域としてのニュージーランドの信頼を守ることが目的です。
 
新たに導入される規制の詳細は、上記ウェブサイトで確認してください。
 
登録が認められるための基準が増えています。
 
例えば、
金融サービスを提供するマネーロンダリング防止(Anti-Money Laundering、AML)報告機関であること。
金融サービスを提供する顧客はNZ在住者10名以上で、オフショア顧客のみだと登録不可。
新規制の基準に満たない、既存の金融サービス業者(Financial Service Provider (FSP))は、3月15日から順次、登録解除されるとのことです。
 
<金融取引業者が、NZで正式に登録されているか確認するのはココ>
 
名前や会社名を記入して、検索してみましょう。
East Windを検索してみると、このように出てきます。
 
改正法が施行される3月15日以前の、金融サービスプロバイダー法(2008年)でも
NZ国内、またはNZから他国へ金融サービスを提供するすべての人は、免除される場合を除き、FSP (Financial Service Provider )として登録しなければなりませんでした。
 
<日本で金融商品取引業の登録がされているかどうか>
 
金融庁による注意喚起:
日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは違法です。
取引を行う前に取引の相手が登録を受けているか
こちらで確認して、
無登録の海外所在業者との取引は行わないよう、
注意してください。
 

免許・許可・登録等を受けている業者一覧 

www.fsa.go.jp

 
*もし私が、送金や預金を依頼したい業者が、
NZか日本のどちらかか両方で『無登録』だったら?
そんなとこに絶対、頼まないです。
 
でもとりあえず、迷っていると仮定すると。
(1)「日本では(or/ and NZ)無登録ですが、大丈夫でしょうか?」とメールなどの文書で質問してみる。
電話などの音声だったら録音しますが、「証拠は文書」の方が私の経験上闘いやすかったので、文書で回答をもらうのが一番おすすめです。
 
(2)その回答を、金融庁やFMA (Financial Markets Authority)

http:// https://www.fma.govt.nz 

に報告して問い合わせてみます。無料です。
 
以前FMAに問い合わせしたことがあったのですが
questions@fma.govt.nz)とても親切に対応してくれましたよ:)
 
***ここで注意!
問い合わせをするのに、いちいちわざわざ弁護士や翻訳者に依頼する必要はありません。自分でやりましょう。もし英語が心配な人は、ニュージーランドに一切関係のない英語の得意な家族や友人にチェックしてもらってください。
多くの移住申請時に必要な、IELTS英語能力試験のライティングによく「お店に苦情の手紙を書く」テストがありますね。あれは書けるようになったほうがいいです。
苦情や要望書が書けなかったら移住はあきらめたほうがいい、NZに手をつけるのもやめたほうがいいくらいです。実際に過去の詐欺被害者は、仲介人物や助けを求めた人にまで騙されて、二次被害を受けていたケースが実際数多くありました。イーストウィンド 許せない!などど言いながら依頼人側で仕事するはずの人達まで、傷に塩をぬるようなことをするのです。
十分に気をつけてください。

<不動産業者が公認かどうか調べる>
 
ニュージーランドで
不動産売買業者を管轄する政府機関は、Real Estate Authority (REA)です。 

www.rea.govt.nz

 
不動産を売買する時に依頼する、
個人販売員、エージェント、会社名を、こちらで簡単に検索できます。
不動産業者とのやりとりで、不満・苦情がある場合は、こちらをチェックしてください。
 
(1)まず発生した問題の解決に向けて、不動産業者と相談や文書で交渉をします(個人的には証拠になる文書の方が安心)。
 
(2)(1)でだめなら「REAに質問や問題提起」をしてみます。
電話での問い合わせ:0800 367 7322(月〜金。9〜12時、午後1〜4時まで)
メールでの問い合わせ:info@rea.govt.nz (電話番号の記載を忘れずに)
 
(3)(2)でも改善しなかった場合は「Make a complaint」の手順に沿って、
苦情申立をしていきます。
 
<移住アドバイザーの資格保持の有無を調べる>
 
ニュージーランドのビザに関するアドバイスをする人物は
Immigration Advisers Authority (IAA)で
「移住アドバイザー」として認定されなければなりません。
 
 

f:id:uto87:20210220225854p:plain

ビザ申請は、移民局のサポートを受けながら自分でできます
IAAのサイトにあるように、ビザ申請書の作成は
移民局のサポートを受けながら、
申請者自ら作成することができます
 
私の周りでも数年前から、日本人、日本人以外に問わず、
全員が自分で無事にビザ申請・延長をしています。
 
移住アドバイザー資格が無い、
または弁護士など資格免除が認められている人物でないのに、
移住アドバイスを提供するのは「違法」です。
 
手数料を請求しない場合であっても、
最高10万NZドルの罰金、
最大7年の禁固刑の両方またはどちらかを科せられる
可能性があります。
 
<移住アドバイスをする人が、有資格者かどうか調べてみましょう。>
 
 
検索されませんよね。登録されたことがないからです。
 
プジョーという車が好きなあの人も、
「人の人生を売買するのはこの辺で辞める」と言って
辞めていったあの人の名を入れても、該当しません。
  
***ここで注意!
公認移住アドバイザーであっても、
上記の金融サービスプロバイダー基準を満たしていなかったり、
過去に信用できない行為やつながりがあった業者を通して、
円送金や預金を平然と勧める移住アドバイザーがいます。
 
残念なことに、イーストウィンド 問題が明るみになったことで
「NZで長年」「公認」という言葉が、
安心材料になるとは限らない、という事実を浮き彫りにしました。
 
特に「NZで長年」ということは
イーストウィンド グループの組織的事業を知っていたのに、
見て見ぬふりをして、放置していた傍観者であった可能性が高い。
 
自分でビザ申請すること、または、移住アドバイザーへの依頼を選択する場合も
必ず自分で調査をすることで
「自分の判断に責任を持ちましょう」。 
 
<公認移住アドバイザーでない場合>
 
受けた移住アドバイスが「公認移住アドバイザー」でなかった場合
どうなるのでしょうか?
 
永住ビザ申請書の中の「申請者による申告 Declaration by applicant」に、
注目したい部分が3つあるので、考えてみようと思います。
(1)私が、この申請書の質問で答えたことは、真実で正確です。
 
(2)私は、移民アドバイザーから移民アドバイスを受け取った場合、
その移民アドバイザーが2007年移民アドバイザーライセンス法に基づいて
資格を取得していない場合、
ニュージーランド移民局が私の申請書を返却することを、理解しています。
 
(3)私は、ニュージーランド国内外を問わず、国境や移民局、教育機関、金融機関、外国公館、政府当局、医療機関、警察、その他の法執行機関など、本申請書と添付書類に記載された情報に関連する情報(個人情報を含む)両方またはどちらかを保有する機関が、
ニュージーランド移民局に情報を開示することを許可します。
 
<3つの気になる部分>
 
(1+)「虚偽申請をしてビザ取得するのは違法行為」
居住クラスのビザ保有者で、
居住クラスのビザまたは入国許可の申請、または申請に関連して提供された情報が
詐欺的、偽造、虚偽、または誤解を招くものであったか、関連情報が隠されていたことが、
証明され有罪判決が下されれば、国外追放の責任を負います。
 

f:id:uto87:20210220232118j:plain

イーストウィンド 移住情報提供サービス契約書

(2+)イーストウィンド と「移住情報提供サービス契約」をした利用者は、
イーストウィンド のトム田中と移住担当者と
「労働ビザ・永住権取得に関するアドバイスを受けることに同意して署名」していますよね?ビザアドバイス受ける契約を。

f:id:uto87:20210220232349j:plain

イーストウィンド の業務は「労働ビザ・永住権取得に関するアドバイス」と明記
申請書に記入してた弁護士の作業は別サービスであると明記されてます。
この契約書の担当責任者トム田中も、複数の担当カウンセラーも無資格です。
「移住情報提供サービス契約」を結んだ利用者達は、
イーストウィンド から
ビザアドバイス受けていたという「真実」を、
移民局に「正確に」申告してなかったのではないでしょうか?イーストウィンド を利用して移住した人達は、
移民サポートグループの「シタデル」主宰者による、メンバーリストが残されています。

f:id:uto87:20210220232924j:plain

委託者と受託者イーストウィンド のトム田中(故人)の署名
 
(3+)移民は居住クラスのビザ申請の時点で、他の機関が移民局にビザ申請情報を開示することを許可しています。ビザ申請情報が真実と違っていて、詐欺的・偽造・虚偽・誤解を招くもの・関連情報の隠蔽があったということが、他の機関からわかってしまう可能性があるということです。
 
トム田中故社長は、自身の「自閉症の家族」を例に挙げることで
移住説明会などの移住前の相談の時点で
健康上に心配を抱える家族のいる家庭に、
まるで移住の可能性があるような勧誘もしていました。
 
移住前の相談の時点で、健康上に心配を抱える家族のいる家庭の主申請者
どう答えたのでしょう。
  • 精神状態と認知機能の状態が、正常かどうか?
  • 知的能力が正常かどうか?
  • 現在または将来、通常の学校に通うこと、正規雇用を得ること、または自立した生活を送ることを妨げる可能性のある身体的または精神的状態が、あるかどうか?
 
***
 
主申請者が、ビザ申請をすることの責任は(1)に凝縮されています。
 
「私が、この申請書の質問で答えたことは、真実で正確です。」
 
移民アドバイザーや弁護士などに高額な費用を払って依頼したとしても、
結局、責任は主申請者が持つのです。
 
それで、移民局に永住申請を認められなかった人は、日本に帰国し、
認められて永住許可が出た人は、後ろめたいことがなければ
無事にNZでずっと暮らし続けることができるでしょう。
そうでない人は上記の3つを含む申告に署名したことで、
気がかりな人は気がかりなNZ暮らし、になるかも知れません。
 
イーストウィンドグループや関係者らが、どういうことをしていたのか
イーストウィンド 元利用者も元社員も、
それぞれが後ろめたいことがなければ
みなさん情報を持っているはずです。
 
逆に黙っていれば、何か後ろめたいことがあるのではないかと
勘ぐってしまうのは、私だけではありません。
 
SFO重大詐欺捜査局への情報提供は、eastwind@sfo.govt.nz
日本語でできるし、
Confidentialとされた秘密保持の情報も、
情報提供できます。
 
ここここも参考にしてください。
 
後ろめたいことがないというのなら、知っていることを情報提供してください。
 
***
 
特に、上記の(2+)は、永住ビザ取れた人も取れなかった人も
「自覚あったのか?」とても気になります。
 
気になるから、あちこちでいろいろ聞いてみようと思います。
 
 
次は、
「移住アドバイス契約」してたイーストウィンド の、
「自分達、実は『翻訳会社でした』」宣言と、それに同調する弁護士のことも
気になるので、考えたいと思います。
 
次も、私の「なんでだろう?なんなんだろう?」にお付き合いしてくれると
うれしいです。

犬と生きていくということ。

f:id:uto87:20210216210003j:plain

ロックダウン中の、静かな海でした。
ペットロスで落ち込んでいる知人に、5ヶ月過ごした自身の愛犬を
里子として出した行為に、多くの批判を受けているというGACKTさんのニュースを目にした。
 
5ヶ月過ごしたのに、手放せるものなんだな。
手放せる人なんだな ...と思って。

f:id:uto87:20210216210118j:plain

おいしいコンブあるかな?
ちょっと前も、アメリカで、交通事故後に行方不明になってた愛犬が見つかって、
号泣している飼い主さんのニュース動画を見ていた。
 
朝からオイオイもらい泣きする私を心配して
じっと見つめて、そばに来て、寄り添ってくれるウチの犬くん。
 

f:id:uto87:20210216210408j:plain

人、少なかったね。

犬くんのお父さんとお母さんは、牧場で働くワーキングドッグだからか
彼も毎日外を歩くのが大好きな、中型と大型の間くらいのミックス犬。
国際結婚で混血のわが家に、ぴったりふさわしい犬だ。
 
散歩は、毎日たいてい2時間近くかけて。たいてい私が一緒に行く。
今ロックダウン中だけど、今までと変わらず、人も犬も健康維持のために散歩していい。
散歩道は決まってなくて、新しい脇道を見つけるのが大好きな彼の、行きたいところを歩く。
キミの行きたいところに、一緒に行こうね。
毎日同じだったら私のほうが飽きてしまうから、ちょうどいい。

f:id:uto87:20210216210734j:plain

まだ?
噛まれた首の深い傷は、たるんだ皮膚のおかげで命を落とさずにすんだ。
だけどそれから、人間で言うところの関節リウマチのような、
自己免疫性関節炎を発症してしまって
炎症と痛みをコントロールしながら、ステロイドによる体重急増にも苦労した。
 
関節のためには体重増加を抑えないといけないのに
炎症と痛みを強く抑えるステロイドの副反応が、強く出てしまう体質のようで。
それが数年かけてコントロールできるようになって、やっとステロイドを止めることができたのに、今度は後ろ右脚の筋肉が激減していた。
薄くなってダンボールのようだった。
 
このままだと脚切断しないといけないかもしれないから覚悟しておいて、と
獣医に告げられた。
 
この時、まだ若い4歳のころだった。
彼が襲われた時よりも、私はもっと深い深い谷に突き落とされた。
 
右後脚の膝にずっと痛みがあったらしい。
でも病気や痛みを表に出さない犬というのは多いらしくて、
うちの犬くんも我慢してしまうほう。
 
自分が痛かったり動けないでいるせいで、
家族が暗くなってしまうのを、わかってしまう犬なのだ。
 
私たちが、努めて明るく振る舞っても、それでも半分ボーダーコリーの彼にはばれてしまう。
それで、地面に右後ろ脚をつけていても体重をかけない術を身につけていた。
人間に気づかぬように。
「わーい散歩うれしいなー!」という喜びようで、
楽しく散歩したり遊んで毎日を過ごせるようになってきた。
 
体重をかけてない右後ろ脚にも、筋肉が急激に減少していることにも
ボーダーコリーの血が流れていない私たち家族には、気がつかなかった。
 
筋肉というのは、短期間であっという間に減るらしい。
突然右後ろ脚を使わなくなってしまって、やっと気づいて、
大慌てで獣医さんのとこに駆けつけた。
 
それから、痛みがあっても隠す彼の痛みをコントロールしながら、
筋肉をつけるための毎日が始まった。
筋肉が戻らなければ、切断しないといけない。診察のたびに言われていた。
 
3本の脚でも、幸せな犬はたくさんいるのだけれど
元々自己免疫性関節炎があるから、
これからの犬人生を、3本の脚に負担を余計にかけていくのは
できれば避けたい。獣医さんも私も同意見だった。
 
「一年半はかかるかもしれない。8割戻ればいいと思って。完全に元に戻そうと思わないで。完全に元に戻ることよりも、彼が幸せでいることが一番大切だから。」
子犬の頃からずっと診てくれている獣医さんが言う。
 
それから彼の右後ろ脚の筋肉をつけることが、私の大事な日々の使命の一つになった。
子供たちは、しっかり彼が四肢を使ってなくても可哀想でどうしても甘やかしてしまう。
 
切断させてたまるか。
 
そうやって毎日のトレーニングと運動と、獣医さんのおかげで
6歳になった彼の右後ろ脚は、切断しないですんでいる。
 
減少した筋肉はだいぶついてきたけど、もう少しつけるためと
関節の可動域のキープするためにも、ほとんど毎日散歩に行く。
筋肉は気を抜いて使わなければ、また落ちてしまうから。
行けないのは、暴風雨の時ぐらい。
 
彼は、ニュージーランドに住んでいるというのに、風と波が怖い。
今日も大丈夫よ〜って励ましてるのに、波のそばに行くもんか!と踏んばってた。
 
だけど、いつか一緒に抱っこして(26キロ)でもいいから、
そ〜っとお風呂のように海に入るのが、私の小さな夢。
 
犬を飼うのは彼が初めてな私は、実際飼うまでは
よく巷で言われている「犬(ペット)は大事な家族」というフレーズに、
本当なのかな?と楽しみに思っていた。
 
むちゃくちゃ本当だった。
 
小さい頃、大きな犬に追いかけられて以来ずっと動物恐怖症だった息子は
犬くんが来てからというもの、すっかりよその大きな犬でも仲良くなるくらいに、
犬に好かれる人間になった。
 
子供たちは学校から帰ってくると家には入らずに、気づくと
庭でしばらく一緒に座って過ごしていたりすることもあった。
 
私の手が犬くんの近くにあると「なでてなでて!」と顔や鼻先をすり寄せてくる。
お母さんの2つの手は、けっこう忙しい。犬なで用の手がもう一つあったらいいのに。
なでてない時は邪魔かな?
でも私かなり順応性が高いから、慣れるかもしれない。
 
私が日本語を話す相手が、彼しかいない日々がほとんどだ。
子犬教室で、言語は一つにしてね、と言われたのは遠い日のこと。ちっとも守れてない。
「ちょっと待ってね」「汚い汚い(その水は)」「シャワーね(足汚いから)」
そして黄金ワードの「さんぽ(毎日大喜び)」
二か国語ともわかってるみたいだし、なんだか大丈夫そうだ。
 
私の「リビングにデイベッドを置こうプロジェクト」は
家族を納得させるまで、数年かかった。
 
クレイジーだと言われ続けながら(特に夫から)、
説得の末に(+半ば強行で)お古の子供用ベットのUPサイクルで置いたら
案の定、家族みんながもっと気軽に犬とゴロゴロ戯れるようになった。特に夫。
ほ〜ら、だから言ったじゃん。
気持ちいいに決まってるんだから、もっと早くからやってればよかったのに。
犬を飼うのは健康にいいらしいけど、そりゃそうだ。
人と犬が楽にゴロゴロするには、床から高さが必要だったのです。
 
 
温かい犬の背中を抱いて、その毛だらけに顔を埋めて、
犬の香ばしい匂いに包まれて、まどろむ心地良さ。
 
犬の「匂い」は、決して「臭い」ではなくて、香ばしい「香り」に近い。
この犬にしか出せない精神安定剤的匂いを、
わざわざ作り物の人造香料で台無しにする製品があるらしい。
「ラブリースメルなんだから、そんなものいらない」と
子犬教室の動物看護師さんも言っていた。そこの動物病院で、ソレは売ってはいたけど。
おっしゃる通りだ。
 
それにしてもこれだけ毎日よくもまあ毛が抜けるね。忙しないね。
私は何年も黒い服を着ていない。
 
SNSでは、いろんな人がペットのベストモーメントを撮れててすごいな。
なでなでの連続と抱っこと連続ボール投げと長散歩しながら。
あ、あと、自動連続ボール投げマシーンがあったらいいのに。
 
パンデミックになって、犬を飼う人が増えたらしい。
でも毎日一緒に散歩するというような、コミットメントはいると思う。
毎日長時間一人でお留守番させる人もいるみたいだけど、
うちの犬を見ていると、1日の中で家族の一員としてのやりとりを
ものすごく求めているのがよくわかるので
私たちには、それはとてもできない。
 
顔あげていちいち、目力とのどで伝えてくる。 
「ママー、郵便配達のヤロウ通ったー」「はいはい」
「ママー、知らない犬通ったー」「はいはい。みんなの道だからいいのよ」
 
ずっと独りだと、彼には
「はいはい、いいのいいの、だいじょぶだいじょぶ」の合いの手が入らない。
 

f:id:uto87:20210216212105j:plain

ここらへんに生えてる葉っぱがおいしいんだよね。
 
***
 
里子に出された、ワンちゃん。
 
たぶん新しい飼い主さんが、GACKTさんよりももっとたくさん愛情注いでくれる人たちなら、
ワンちゃんは大丈夫な感じがする。
 
でも、自分の愛犬でなくても
飼い主がいなければ殺傷処分になってしまうような、
救える命ギリギリの犬を、選ぶ選択肢はなかったのかな?
そういう命、いっぱいあるよね。日本にもどこの国にも。
 
彼のファンでもなんでもなく、印象は至ってニュートラルだったのだけど
今回の行動を知って、なんか残念に思いました。ゼロからマイナスに。
 
 
彼の「愛犬」っていうけど、本当に彼に愛はあったのかな?
彼の音楽には、愛の歌がありそうだけど。愛を奏でてる人だと思ってたけど。
 
 
うちの犬くんも「愛犬」なんだけどな。私たちには絶対できない選択だよな。
 
 
 
MelvinsのBuzzは、愛犬家。素晴らしい。大好きだ。
Dog Island - Melvins
 
 
 
 

「NZ ニュージーランド」に、だまされないために(2)移民搾取 Migrant Exploitation

f:id:uto87:20210213213242j:plain

 
最近、NZでワークビザでがんばっている方が、コンタクトしてくださいました。
ありがとうございます:)
 
そういう方々に、感謝と応援と気をつけてくださいね、の気持ちを込めて
今回は、ワークビザが関係する、移民搾取 Migrant exploitationのことを。
 
無認可で移住アドバイスをしていたイーストウィンド EAST WINDの被害者達の中には、
起きたことを詳細に思い出すことだけでなく、
イーストウィンドと関わっていたということを振り返るだけでも、
精神的にとても辛いという人が多くいます。
それでも被害者や、いろいろあちこちから、私に教えてくれる情報提供者達の多くは、
 
「再発を防ぎたい」「新たな被害者を出したくない」という強い思いがあります。
 
私はその伝わってくる思いを何とかして活かしたいし、
もちろん同じように思っているし、
そういう人達と私だけで、貴重な経験と情報と得た知識を留めておいても
まったく意味がないので、これからの人達に、できる限り伝えていきます。
 
*****
 
ニュージランドで、ワークビザで働いているみなさん。
 
ジョブオファーをもらうために、雇用主から金銭を要求されて、払ってしまっていませんか?30,000ドルとか、50,000ドルとか。
 
子供のNZ留学で、一緒にガーディアンビザでNZに滞在している親御さん。
 
ニュージーランドに長年住んでる人とか、
日本人移民コミュニティ内でよく知られている人とかから
声をかけられて、ワークビザや永住ビザの話を持ち出されて、
その人の会社、あるいは関連会社のスタッフとして
低賃金、あるいは交通費程度の給料で働かされたりしていませんか?
 
それは「移民搾取 Migrant exploitation」です。
重大な犯罪です。
 
 
移民から搾取した雇用主に対しては
最長7年まで拘留されて、
その上、罰金100,000ドルの刑が科される可能性があります。
 
 
これから将来NZに行ってみたいと考えてる人も、現在NZにいる人も
ちゃんと知っておいてほしいのです。
 
もし、そういう提案をされても乗ってはいけません。搾取ですから。
 
NZではどんな種類のビザであっても、すべての移民に対して
最低限の「被雇用者(労働者)の権利」は、保証されています。
 
日本語版はこちら
 
 
ちょっと前にあったニュースで、こんなことがありました。
 
*****
 
ある移民労働者の男性が、
自分と妻のビザ取得につながる仕事のオファーをもらうために
ニュージーランドの雇用主から
50,000ドルを分割で払うよう強要されたのだそうです。
そしてすでに男性は、34,000ドル支払ってしまったとのこと。
 
当局The Employment Relations Authority(ERA)に申し立てられた男性の主張によると、
彼の妻がストアマネージャーとして、技能移民カテゴリーの主申請者となった。
そして、妻が店で働いた週35時間分の賃金は支払われたものの、返還しなければならず
男性も同じ店で週98時間、無給のまま働いたそうです。
 
さらには、雇用主の指示で、男性が果樹園で働くようになると
男性の妻は、雇用主との子供を妊娠して
男性から離れて雇用主と暮らすことを選んだ。
 
男性は、無給で働いた約2321時間の賃金と
雇用主に支払った34,000ドルと合わせて40,000ドル、
さらに精神的苦痛に対する賠償金請求を主張して
ERAに申し立てました。
 
ところが雇用主は、男性のすべての主張を否定し、逆に男性がウソをついていると主張。
その上、男性の元妻は、男性に虐待されていたと主張。
 
雇用主の弁護士によると、
雇用主側は、男性が恐喝して違法に雇用主から金銭を強要したと考えているとのこと。
 
金額に食い違いがあるものの、
雇用主は、仕事オファーの提供に対する金銭を
男性から受け取ったことを認めています。
 
 
このケースはその後、真実はどう判明したのかはわかりません。
 
通常なら、移民が搾取される側、雇用主が搾取する側と
分かれていることが多いけれど
 
こんな風に違法な手段で、仮に滞在できたとしても、
それぞれの主張によって、どちらに非があるのか?
それとも、双方に非があるのか?
混乱するようなことが起きたりしてしまうようです。
 
 
<よくある搾取の種類>
 
以下のような経験はありませんか?搾取かもしれません。
 
  • 雇用主に、賃金の一部または全額を返さないといけない
  • 雇用主と「取引」して、プレミアム(仕事を得る←ジョブオファーのためのお金)が請求される。
  • 賃金が少なすぎる、またはまったく支払われない。
  • 休憩なしで、超過時間の労働するよう強要される。
  • 休暇がない
  • 休暇や年次休暇が、無賃金。
  • ドアと窓がロックされていて、職場を離れることができない。
  • 食事、睡眠、トイレに行く許可を求めなければならない。
 
雇用主にこういうこと要求されていませんか?
 
  • 家の掃除など、仕事内容の一部ではない労働を強制する
  • 労働者の最低雇用権を尊重しない。
  • 給与の一部として宿泊施設を提供するものの、法律で許可されている額を超えた金額を要求する。
  • 協力的でなければ、労働者やその家族に危害を加えると脅す
  • パスポートを保管する。
  • セックスを強要する。
 
<自身の安全を確保するために>
  • パスポートを、絶対に雇用主に渡さない!*イーストウィンド に要求されていた被害者がいます。
  • 他の旅行書類を安全な場所に保管し、パスポートとビザのコピーを母国にも保管。
  • 雇用主は、個人の雇用契約のコピーを従業員に提供する必要があります。
  • 契約は安全な場所に保管してください。
 
<できるだけ記録として残しておくこと>
  • 勤務時間のすべての日付。
  • 賃金の金額と日付、雇用主が支払いから取った金額。
  • 個人の銀行口座に賃金が支払われるようにすることで、賃金支払い記録を調べやすくなる。*経験上、特に記録は電話でなく、しっかり文書で残しておく方がいいです。
 
<搾取の通報は無料です!>
雇用主から、搾取されている場合は、
Employment New Zealand (0800 20 90 20)
連絡しましょう。サポートが受けられます。
 
Ezispeak:無料の電話通訳サービスを利用できます(午前9時から)
Ezispeakでは、180以上の言語の通訳を利用できます。
 
*身体的被害を受けている場合は、すぐに警察111に電話連絡してください。
 
 
***
 
時々、ひどい労働環境に置かれていて、通報するべきなのに
いざとなると「ビザで世話になったから」と、尻込みする人がいます。
私の周りでは、インド人に多いような感じです。
 
このように問題があったら、無料でサポートを受けられる制度がいろいろあるのに
イーストウィンド の被害者には、
「弁護士+通訳」に「公共機関は当てにならない」と言われて、
無料サポートを飛び越して、またはそれががあることも知らず
「弁護士+通訳」に依頼するように話を持っていかれて
高額費用を払ってしまった人が多くいました。
 
「公共機関は当てにならない」と言いながら、高い費用を出させるのに
何の結果も出さない「弁護士+通訳翻訳者」の仕事を、数多く見てきました。
もう、本当は多くのみなさんに見てもらいたいくらい。
 
支援者のふりを演じる偽善者に、くれぐれも気をつけましょう。
 
イーストウィンドや、その関係者らが30,000ドルで、
「ビザのためにジョブオファーを売る」ということをしていたそうですが、
それでビザが取れた人は黙ったまま、風化するのを待ち望んでいますね。
逆にビザが切れてしまった人は、隠されてきた事実を白日の元に晒そうとします。
 
 
現在もニュージーランドの
重大詐欺捜査局が捜査しているような
イーストウィンド のアシカガ・マサトモ(通称トム田中)故社長と
関係があった人や会社は、いまだに活動していますので、
騙されないために調べておきたい場合は
この公的に閲覧できる、政府機関NZ Companies Officeの会社登記サイトで
Masatomo Ashikagaと記入して、調べてみることができます。
 
共同株主だったり会社譲渡していたり、会計士は誰かなど。
 
何度も出てくる人物は、イーストウィンドとどういう関係だったのか?
 
何で無認可業者が、20年以上も営業できていたのか?といえば
「利害関係者のつながりと当局の監視のゆるさで、無許可営業できる環境ができていた」からですよね?
 
イーストウィンド に協力する関係者達と、
相反する立場に見せかけて、実は利益を得続けている偽の被害者協力側がいて。
人の夢や人生の一部を台無しにして、利益を上げていたのを知っていながら、問題視しないで長年黙り続けていた日本人移民達もNZ人達もそうです。
 
トム田中故社長は、移住や投資勧誘する時から
「うち一社だけではやれないんです。」と言ってまるで、銀行や弁護士事務所、不動産業者、会計士事務所など協賛関係にあるように説明していきます。
それに加わり、サポートグループやら、NZ生活上で至るところに関わる業者が関わっていた。そして現在も活動を続けている。

f:id:uto87:20210113192644j:plain

*無断転載・引用禁止です


 
Shareholdersのところを見ると、一度しか出ない人物は、永住ビザ取得できるなどと言われて、株購入をしていた人の可能性が高いそうです。
被害者によると、49%の株を保有し、
アシカガ故社長が51%を保有することで、故社長が常に優位な立場にありました。
そうやって異国の地で、コントロールされていきます。
 
Companies Officeのサイトは、慣れてくると色々なことが分かるので
自己防衛をするためにも、活用できるようになるといいです。
 
それから「わが社はNZで正規に登録されています」というだけで
信用させようとする会社がありますが、NZでは会社登録が簡単にできるので、
それだけで信用できる会社だと思わないようにしましょう。
 
 
ジョブオファーを得るためのお金、プレミアムを払ってまでして、
ビザ取得するのは、本当にやめましょう。
 
どうしてか?というと。
重大な違法行為に加担して、そういうことをして永住ビザまでこぎつけて
永住できるようになって、やれやれ「安心」だと思っても、
あなたが「そういうことした」ということは
どういうわけか、人から人へ話や証拠が周りに回って
日本人移民コミュニティと関わりのない私のようなところまで、届いてくるのです。
 
それは、虚偽申告で永住ビザを取得した人も同じですね。
 
正当手段で苦労して永住ビザを取得した人は、不当に永住している人を快く思わないし、
永住ビザ取得に長年苦労して、それでも取得できなかった人は
不当に永住ビザを取得した人を、快く思っていない。
 
そういうのが多いように思います。
不正で得た知られたくない過去は黙ってても消えないんですよ。
 
それに、
これまで通りいけないことを許して、
黙認していることは容認していることと同じ。
 
実はそうやって思われている中で、
どうやってNZで暮らしていけるんだろうなって思うんですよね。
 
本当にあったことを、白日の元に晒したい人達がいるのです。
 
実際、イーストウィンド の社長とその妻は、亡くなったとされているけど
残っている人達はまだまだたくさんいる。
 
これまで隠し通せたことが、もう隠し通せない時代に変わってるんじゃないでしょうか。
 
私の言ってることを信じたくなくてもそれでいいので、
ただ方法として、自分で調べて考えて、判断して、自分を守れるようになってください。
 
自分を大切に。
 
***
 
私も自分を大切に、心地よく。大好きな
Psychedelic Porn Crumpets の新アルバム、SHYGA! The Sunlight Mound
聴きながら、書きました。
 
新アルバム全曲を、頭から通しで聴くのが今いちばんのお気に入りです:)
 
 

Something Red - なんか赤いの・赤いなにか1

f:id:uto87:20210207171745j:plain

これはただただ
何か「身につける赤いもの」を作ったり、集めたりしていくのを
残していこうとする個人的ノートです。
 
 
*巻きスカート*

f:id:uto87:20210207171959j:plain

*日本でもらった子供用着物を、持て余していたキウイママさんから
いただいたものを、UPサイクルした巻きスカート。
たまたま始まりは、朱赤のイメージで。
 
 
*紅玉のかんざし*

f:id:uto87:20210207172031j:plain

 
 
なんで記録しておこうとしているかというと、
こうでもしないと、だらけちゃうからです。「赤」を集めるのを。
 
私は、自分や家族や周りの人多くの人にとって、いい社会にしていくために何かしたいなあと日々思っています。それで、一番自分の考えに近い、NZ LABOUR PARTY 労働党という政党のボランティアメンバーをしています。
 
というのも、海外暮らしをしていて、
どこに視点を向けているかってそれぞれみんな違うと思うんですが、
私は「社会システムが変わんなきゃダメだこりゃ」とずっと思ってたんです。
 
次の世代に渡していくわけだから、だったらもっとよい社会を。
自分ができることを、できるだけやってみよう。
 
知らない人のためにちょっと説明しますと、
以前、労働党は野党でしたが、2017年からは政権主導政党で、
 
またこれはニュージーランドNZに暮らしていないと、あまり知らないと思うのですが、Labour 労働党のカラーは「赤」
 
で。私は自分が勉強になって、とてもいい気分になるので、
Labour 労働党の集まりとか活動に参加するのですが、
その時に集まる人たちがよく「何かしら赤いもの」を身につけています。
 
女性は服やアクセサリーとか、赤い髪の人もいるし。
男性だと、えんじ色のシャツとか赤いスカーフを合わせたりしてて。
 
だから私も楽しく学べるために味方の「赤」を、身につけたいなと思って。
 
で、日本に住んでたら、身につける「赤いもの」でいい感じのものが手に入りやすい思うのですが、NZでは今のところあんまり探せていません。そうやって、バタバタな毎日の中そのうち探しとこ、と思ってると、気がついたら当日になっちゃった、ということが何年も続いていました。
 
そのうちいつか。から抜けて、赤いもの集められるといいなあ。
 
そのうち日本に行けるようになったら、古着の着物探しに行こう。
 
朱赤だったり深紅だったり、桃紅よりかもしれない。
密かに狙っているのは、とろみのあるカーネリアンの夕陽色:)
 
好きな音楽から、赤っぽいのを。