Bittersweet in NZ

こんにちは、ウトです。今自分にできる限り行動することを大切にしたくて、NZで子育てしながらNZ Labour 労働党& Multicultural メンバーもしているお母さんの雑記です。*政治を考える=生活基盤をつくること*後半期に入ったNZでの3人の子育て*NZでの不当解雇体験記を同様に苦しむ人々のためにシェア*子供の聴覚情報処理障害(APD)の改善チャレンジなど、個人的体験と考えを (the) MelvinsとSleepとHigh on Fire、PPCとか聴きながら気の向いた時に綴っています。

NZのオークランドは「警戒レベル2.5」に。

今日は、8月最後の日。
 
大丈夫ですか?
 
 
ニュージーランドでは8月に入っても
しばらくは、新型コロナウイルス COVID-19感染者がゼロの日が続いていました。
 
が。オークランドでクラスターが発生したので、12日のお昼から
オークランドだけ「警戒レベル3」に上がって、
8月いっぱいずっとロックダウンが続いていました。
オークランド以外は、レベル2で。
 
警戒レベル1からの移行時には
「レベル3ってどうするんだっけ?2はどうだっけ?」と
確認しないと忘れちゃってるくらいに、
ソーシャルディスタンスのない「レベル1」に
すっかり馴染んでいました。
 
でもまあロックダウンは、前もやったから。
感染しないように、人にうつさないように過ごすことが大切で、しょうがない。
 
わが家でも暗くならないように、淡々とこの機会にできることを
あれこれとやって、お陰でずっと手をつけてなかった、
大掃除や修理や準備やらができて、スッキリしました。
 
***
 
そして昨日の
ジャシンダ・アーダーン首相(Prime Minister Jacinda Ardern )の発表によると
 
今日、8月31日からオークランドは公式には警戒レベル2になりますが
いくつか規制が追加されているので、
ジャシンダは通称「レベル2.5」と呼んでいました。
 
オークランド以外は、レベル2のままです。
 
そしてNZ全域で、バスとか公共交通機関を利用する時には、例外を除いて
「マスク着用」が義務化されました。
 
オークランドでは、人が集まる時、お葬式以外は10人以下に制限することなど、
ソーシャルディスタンスを取ることなど守るべきことがいろいろありますが
ともかくレベル3からは下がっているので、
ガイドラインを守って、学校やビジネスも再開できます。
今日からお弁当作りも再開。
 
日本語でのガイダンスが、ここにありました。
 
 
 
マスクがなかったら、スカーフやバンダナでも良いそうです。
 
「外出時の接触歴の記録」も忘れずに。
 
うちの家族も、みんな使っている
NZ政府公式の接触追跡アプリは、ここ
 
 
 
自分や家族の行動が、どこかの誰かさんの健康や仕事や生活を守ることにもなる。
だから、自分勝手はやめてほしい。今、特にいらない、自分勝手な自己主張。
 
良識ある行動を、これからも続ける人が、大多数でありますように。
 
***
 
あの、今見たら何でだか、あまり書いてないブログなのに
多くの方が読んでくださっているようで、
 
本当にありがとうございます。
 
それで、ですね。
 
イーストウィンド の被害に遭った方、情報を持っている方。
過去に弁護士や翻訳者を通して、関係機関に何らかの報告をした方。
事実を省略されたり、違法性を弱めるような報告書を作成されて、
報告しても何の反応も得られなかった、ということはありませんでしたか?
 
そういう人達いるんですけど、あなたは違いますか?
 
イーストウィンド と関係者、無認可で移住アドバイスや金融サービスを取り扱った人物達、
彼らがあたかも有資格者であるかのように、利用者に誤解させるような関わり方を続けていた
弁護士や会計士、不動産取引業者らがやっていたことの事実を
「省略しないで」できるだけ多くの情報を、
改めて情報提供しましょう。
 
以前のメッセージを参考にしてください。日本語で情報提供できますから。
 
だって認可移住アドバイザーでも、
「無資格金融取引業者」を紹介したりしてるじゃないですか。何なんですか?これは。
 
被害者が自分に起きた事実を勝手に省略しないことです。
これは、訴状ではなく、NZのSFO重大詐欺捜査局への「情報提供」です。
勝手に、起きた事実を省略しないこと。
 
「自分はイーストウィンド にやられたことのすべてを吐き出したのか?すべてを伝えきったのか?」
あなたのその心に、改めて問い正してください。
 
伝えきらなければ、行動しなければ、何にもなりませんよ???
 
本当は一人ひとりに聞きに行きたいくらいですよ。ちゃんとやりました??って。
 
日本人同士のことだからちゃんと取り扱ってもらえない?とか
 
闘い切ってもいないのに、愚痴だけ言ってたいして動かないのを、たくさん見てきました。
 
動かない理由はいくらでも出てきて、闘い抜くことからも、逃げてて。
 
 
***
 

f:id:uto87:20200831195309j:plain

"Gift of Sacrifice " by King Buzzo with Trevor Dunn

Covidで発送がずっと遅れてた、

大好きなMelvinsの King Buzzo (Buzz Osbourne)の新譜、

Gift of Sacrifice

やっと届いたから、嬉しくて嬉しくて。

これが書きたかった。

 


Delayed Clarity

 


King Buzzo (with Trevor Dunn) "I'm Glad I Could Help Out" (Official Video)

 


King Buzzo (with Trevor Dunn) "Science In Modern America" (pre-order now)

 

Buzz のアコースティックギターと、Trevorのダブルベースがね。

 

やっぱり、かっこいいな〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

 
幸せだなあ。