Bittersweet in NZ

こんにちは、ウトです。今自分にできる限り行動することを大切にしたくて、NZで子育てしながらNZ Labour 労働党& Multicultural メンバーもしているお母さんの雑記です。*政治を考える=生活基盤をつくること*後半期に入ったNZでの3人の子育て*NZでの不当解雇体験記を同様に苦しむ人々のためにシェア*子供の聴覚情報処理障害(APD)の改善チャレンジなど、個人的体験と考えを (the) MelvinsとSleepとHigh on Fire、PPCとか聴きながら気の向いた時に綴っています。

モンステラ・デリシオーサの水挿し・その後 + NZ新内閣の発表

f:id:uto87:20201104152931j:plain

Monstera Deliciosa- Propagation in water "5 months later"  
お隣のオーストラリアに、ものすごくかっこいい音楽を作る人たちがいます。
彼らのすばらしく、美しい曲。
 
This is such a beautiful song that I really love. Love from their neighbouring NZ.
 
Psychedelic Porn Crumpets - Denmark / Van Gogh & Gone
 
***

f:id:uto87:20201104153107j:plain

Monstera Deliciosa- Propagation in water "5 months later"  
今から5ヶ月前。
ニュージーランドの冬空の下。
犬くんとの散歩中に見つけた立派なモンステラ・デリシオーサ。
その親切な持ち主さんから分けてもらった
モンステラ・デリシオーサ Monstera Deliciosaの7株を、
水挿しして発根するかチャレンジしました。
 
5ヶ月経って、結果は
 
7株すべてが発根して、すくすく成長中!わーーーい!
 
発根率100%!大成功!
 
生育期じゃない冬に水挿し開始したので「一つでも発根すれば大成功」と思ってたので
全部成功して、みんなおりこうさんです。
 
I started to propagate Monstera Deliciosa five months ago, which was the winter's dormant period here in NZ. However, all seven cuttings are growing well with new roots and leaves. So I had a 100% success rate. Great!
 
***
ちなみに、ここNZのオークランドでは、
普通なら気が滅入るほどに雨ザーザーが続く冬なのですが
今年の冬は雨がとても少なくて天気の良い日が多かったので、
リビングの窓際を占領する植物たちはすくすく育っていました。
ただし他の地域のように、オークランドの渇水もとても心配なレベルです。
 

f:id:uto87:20201104153425j:plain

最小の挿し株「チビ(S)」と 、のんびり屋さんだった最大挿し株の「デカ(L)」。

 
水挿し開始してから、
1ヶ月もかからずに一番初めに発根したのは、一番小さな挿し株のチビ(S)でした。
3〜4ヶ月くらいしてから、
一番最後にやっと発根し始めたのが、一番大きな挿し株のデカ(L)でした。
 
このデカというやつは、他のモンス兄弟が順調に発根してる横で
デカときたら、新しい葉っぱは生やすのに、なっかなか発根しないので心配しました。
 

f:id:uto87:20201104153803j:plain

スクスク成長する他のモンス兄弟。
 
でもできることといえば、元々ついてた大きな一枚の葉をぐるりとカットして
半分ほどの葉量にして、水を1〜2週間おきに変えるくらい。
 
バタバタしてて時々忘れていると、気づけばニョキッと発根し始めていました。
 
一番上の写真が、一番発根が遅く
お母さんを心配させたけどスクスク育っているデカ(L)です。
 
 
チビ(S)のほうは、挿し株に葉がついていなかったのですが
新しく芽吹いた葉は、うちにあるモンステラ・ボルシギアナにそっくり。
 

f:id:uto87:20201104154027j:plain

一番手前がチビ(S)で、後ろがモンステラ・ボルシギアナ。
そして順調に育つ、他の「モンス姉さん」と「チビ」の新しい葉は
同じ親株から分けられたのに、穴の空き具合が違います。

f:id:uto87:20201104154148j:plain

チビ(S)と姉さん

 なんというか、子育てに通じるものをしみじみと感じます。
 
The smallest cutting without any leaves (S) was the first one to grow roots in a month. The largest one (L) was the slowest to root. It took for 3- 4 months. All cuttings had nodes and areal roots. I thought this big one wouldn't make it because the thick brown outer covering of the all aerial roots sloughed off. I've heard it's normal but had me worried. It's a good idea being busy and just forget about it for a while :)
 
 
<どの気根なら発根するの???>
 
モンステラを増やす時、よく「気根はつけたままにしましょう!」ってよく言いますよね。
 
私の場合は、豪快にモンステラ元持ち主からノコギリ使って分けてもらい
水挿し用の容器に入りきらないくらいの豪勢な気根群だったので、
気根を短くカットしなければなりませんでした。
 
この気根、どれが後々「発根する気根」なのか
「芯だけ残して溶けちゃう気根」なのかって
前もってわかる人っているんでしょうか?わかんないよねえ??
 
最初にモンステラを譲ってくれた人も、気根つけて分けてくれたけど
その気根も溶けちゃって、育たなかったんですよね。
 

f:id:uto87:20201104154859j:plain

どれが育つのかはわからなかった
デカの気根は早いうちから全部溶けて、芯だけになっちゃって。
それから発根全然の気配がなかったから、もうダメかな?と諦めかけてたので
みんなが発根してよかったです。
 
これからもう少し暖かくなって強風の日が減ってきたら、土植えします。
 
水挿し始めた時、
 
そうね。その通りになったね。考えないとね。
 
デカは庭かな。
 
Psychedelic Porn Crumpets - Dezi's Adventure
 
Psychedelic Porn Crumpets - Found God in a Tomato
 
 
***
 
<多様性に富んだ新内閣の誕生>
 
NZでは、先月の総選挙で圧勝したNZ Labour 労働党を率いる
Jacinda Ardern ジャシンダ・アーダーン首相が、今週新内閣を発表しました。

theconversation.com

 

選挙結果が全て出揃うのは、6日になりますが
今国会は過去にないほど多様性に富んでいて、女性議員が47%。
労働党幹部に至っては、女性が53%です。
 
労働党と緑の党からの閣僚は、マオリ族の閣僚が増えて、新内閣の4分の1を占めています。
 
国会議員には、マオリやパシフィカ出身者だけでなく
インド、モルディブ、スリランカ、中国、韓国、
調べたらもっといろんな国がありそうだけど、あちこちからいろいろなのです。
 
特に、マオリ女性として初めての外務大臣に起用された、
Nanaia Mahuta ナナイア・マフタ労働党議員。
 
彼女は、Moko kauaeという伝統的なマオリ女性の施す、あごの刺青を入れているために
国外メディアでも注目されたり、無知な人に侮辱されたりしましたが
とても期待しています。

www.newshub.co.nz

それから、
 LGBTQの議員は、国会全体の10%で他国と比較して最も多いそう。
 
そのレインボー議員の一人である
グラント・ロバートソン Grant Robertson 財務大臣に、私は個人的に
すごく首相代理になってほしかったから、
彼が首相代理になったという新内閣発表を聞いた月曜日は、一日中すっごい大喜びでした:)
首相代理に財務大臣が就くのはよくある事だし。
 
ケルヴィン・デイヴィス Kelvin Davis労働党副党首が、もし仮に首相代理になってしまうと、
彼のマオリとしての声が届きづらくなっちゃう。
マオリとしてやるべきことが山ほどあるから、と本人もそう言って前もって辞退していたし。
元教育者として、子供と犯罪者更生に関わる大臣になっているので、がんばってほしい。
 
他にも新内閣には、なるほどな〜と思う部分がいろいろある。
(内輪話になるので書かないけど)
 
とにかく、すばらしく多様性に富んだ思い切った組閣なので
NZ Labour & Multicultural メンバーとしては、
とてもうれしくてワクワクする知らせでした。
 
今、アメリカ選挙開票のハラハラのせいで、寝られないので
期待と希望でうれしくなる事を、書いておきたくなって。
生きていくのには、希望が必要だから。
 
Now, counting the votes in the US.
 
We need hope to live. As a member of the NZ Labour party and the Multicultural Labour, I am so pleased to have our new cabinet full of diversity for the ongoing crisis and hopeful future!