Bittersweet in NZ

ウトです。もっとみんなが暮らしやすい国づくりに参加したくて、NZ労働党メンバー・多文化メンバーをしている普通のお母さんです。*政治を考える=生活基盤をつくること*NZの大学で英語講師をするイギリス人夫を支えながら思うこと * 後半期に入ったNZでの3人の子育て*元日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇されて闘ったこと*子供の聴覚情報処理障害(APD)の改善チャレンジなど、個人的意見と体験を書いています。(the) MelvinsとSleepとHigh on Fireを聴きながら。

NZ不当解雇体験記1。元雇用主家族との出会い。

元雇用主の家族との出会いは、2012年の小学校の校庭でした。
 
お互いの子供が、同じ小学校に通っていたのです。
 
その頃、我が家の子がその小学校のシニア(高学年)で、
元雇用主のお子さんがジュニア(低学年)。
 
頻繁に会うことはないものの、たまに奥さんと話をするようになり、
家族でLong Term Business Visa(LTBV、今はない)で
NZに来たのだけど、永住権取得にチャレンジ中で
ご主人が、仕事をしてくれる人を探している、
という話を数回聞いていました。
 
そこで条件に当てはまるウチの人は?と勧めたのでした。
 
正直いうと、
このご家族には、我が家と同じように3人の子供がいるということなので
何か力になれたらいいな、という気持ちがありました。
 
子供が2人から3人に増えると、2倍3倍じゃなくて、4倍6倍という風に、
大変さがとてつもなく増えていくのを、痛感していたのです。
 
私の手は、2つしかなくて。
元気一杯駆け回る子達の3つの手を、
いっぺんに握っておくことはできないのだということを
ひしひしと噛みしめながら子育てをしていた私は、役に立てればうれしいな、
という思いでいたのが、心の中にありました。
 
それに、息子の同級生で同じ時期にNZに移住して来た家族が、
永住ビザ取得に奮闘しているのを、
 
見ているだけで力になれなかったことが、
私も夫ももどかしい気持ちでいたのも、この話に乗ろうとした背景にありました
(後にこのご家族には無事に許可がおりましたが)。
 

f:id:uto87:20170710173601j:plain

 
そして後日、2012年も終わろうかという頃に
のちに雇用主となる人のお宅で話し合いが持たれました
  
和気あいあいとした話し合いでした。
 
 
ところが話を進めていくうちに、
永住権にチャレンジするためのフルタイム従業員には、
雇用条件の最低限しか払えないとのこと。
 
 
うちにメリットがなければ、お断りしようかと。
 
続きます。

 

 

*このブログの不当解雇・労働搾取・永住ビザ不正申請に関する体験談は
NZのEmployment Relations Authority (ERA)から出された
公開文書である裁決に沿うものです。
 
裁決文を元に取り上げられたニュース記事も伝えることで、
労働者の権利侵害である不正解雇や、それに伴うビザの不適切な取得を
少しでも減らす力になれば、という思いで公開しています。
 
NZで不正を無くすべく努力している方々の、私たちの件に対する対応に
感謝を込めるものでもあります。
 
不正行為に無駄遣いされる国の財産は、
貧困に苦しむ子供や家族、財政難にある医療機関や教育現場で、
正しく使われるべきだと強く感じ、住みよい国にするための行動でもあります。
 
ですから感想・意見以外の誹謗中傷については、勝手ながら削除させていただきます。

 

 

SaveSave