Bittersweet in NZ

ウトです。もっとみんなが暮らしやすい国づくりに参加したくて、NZ労働党メンバー・多文化メンバーをしている普通のお母さんです。*政治を考える=生活基盤をつくること*NZの大学で英語講師をするイギリス人夫を支えながら思うこと * 後半期に入ったNZでの3人の子育て*元日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇されて闘ったこと*子供の聴覚情報処理障害(APD)の改善チャレンジなど、個人的意見と体験を書いています。(the) MelvinsとSleepとHigh on Fireを聴きながら。

NZ不当解雇体験記3。仕事始まってから、突然の解雇通知まで。

 

元雇用主との初めての話し合いから、年が明けた2013年から仕事が始まりました。
 
元雇用主は、((一部削除))
メール文書で仕事内容の詳細を送ってきました。
  
2013年と2014年の2年間、元雇用主とはとてもいい関係でした。
仕事ぶりにとても満足してくれていて、会社や仕事にいかに貢献しているか
感謝のメッセージやメールをたくさんもらいました。
  
 
2013年には、小学校でも元雇用主のジュニア(低学年)のお子さんが
うちの末っ子に懐いてくれて
末っ子のシニア(高学年)のエリアに、ほぼ毎日遊びに来るようになっていました。
 
ただ、シニアのエリアにジュニアの生徒が遊びにいくことに
難色を示す先生がいたので、うちの子とその友達は私がケアするので大丈夫だけども
もし見つかってしまって叱られた場合の元雇用主の子どものフォローを、
彼にはお願いしていました。でもその返事はありませんでした。
 
f:id:uto87:20170802095600j:plain
 
2014年の初め、仕事をするようになって1年目に、
私と元雇用主だけのミーティングがありました。
この時元雇用主は、この1年間の会社経営はとても順調だという報告をして、
会計レポートも、収支グラフが右肩上がりになっていました。
 
2013年だけでなく、2014年も元雇用主は
大手移住コンサルタントからアドバイスを受け
永住権に向けての準備を進めていたので、
 
永住権申請までの会社経営は、真っ当に運営するだろうと思っていました。
 
2014年後半の仕事は特に忙しくて。

 

f:id:uto87:20170802095730j:plain

 
2014年のクリスマス前、多忙だった仕事のスケジュールがやっとひと段落した頃、
元雇用主からメールが来ました。
 
午後3時33分。
 
Authorityも、後の裁決文にわざわざ明記したその時間。
 
それには、
  • 今日移民局から『永住許可のスタンプ』の貼られたパスポートが届いて、NZ永住権許可がおりたという報告。
  • 永住権取得のために従業員になってくれてありがとう、という感謝の言葉。
 
そして、
  • 今まで伝えたことはなかったが、実は2013年の会社業績は悪く2014年はさらに落ち込み、クライアントからの仕事も激減してしまい従業員を雇う余裕がないので、1ヶ月後に私との雇用を終了したい。
 
ちょっと待って?
2013年から2年間、ずっと業績悪かった?
2014年始めには、会社経営は順調って業績報告したよね??
好調な報告書まで見せて。グラフ右肩上がりで。
それは何?
ウソだったってこと???
 
午前中か昼頃にはパスポート手にし、
解雇通告を3時33分に送るまで、数時間。
 
NZ永住権取得のために従業員になってくれてありがとう!
ずっと隠してたけど、本当は会社経営は火の車でした。
今日無事に永住権許可を確認!だからあなたは、クビですよ!と。
 
その数時間の間に、このことを伝える長いメールを書いたのだろうか?
 
いや、すでに計画済みだったんじゃない?