Bittersweet in NZ

ウトです。もっとみんなが暮らしやすい国づくりに参加したくて、NZ労働党メンバー・多文化メンバーをしている普通のお母さんです。*政治を考える=生活基盤をつくること*NZの大学で英語講師をするイギリス人夫を支えながら思うこと * 後半期に入ったNZでの3人の子育て*元日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇されて闘ったこと*子供の聴覚情報処理障害(APD)の改善チャレンジなど、個人的意見と体験を書いています。(the) MelvinsとSleepとHigh on Fireを聴きながら。

大臣への手紙

f:id:uto87:20190124083222j:plain

 
できるだけ多くのレターをNZの大臣や首相に出したいけれど
どのような内容で書いたらいいかわからない、という
 
イーストウィンド(NZ)情報掲示板にあった、お願いについて。
 
このブログにも載せておきます。
 
*****
 
NZの大臣や首相への意見・要望の手紙は
個人のケースから導入したとしても、政策へ繋げて書くといいのですが
難しいと感じている方がいるようなので、
近いうちに、一つの例を作成するつもりでいます。
 
もし私の書いたものでも良ければ、希望する方に送ります。
 
EWの長年の詐欺行為は一部ではありますが、やっと報道されました。
ですがこれは、あくまで提供された情報によるもので
当局が捜査し処罰が下されたからではありません。
 
自分のブログに書いていますが、
私は以前、EWを利用していた元雇用主の永住権取得と同時に解雇されました。
弁護士を頼らずに当局に訴えて、不当解雇の違法行為が認定され
注意喚起のために当局の指示で、メディア報道されました。
 
相手には弁護士もついていて、自分は初め右も左もわからず一人だったけれど
不当行為を認めてもらうのは数年かかろうが、不可能じゃないことを知りました。
 
EWによる被害は、私のケースとは違い
被害額も被害者の人数も規模も大きいけれど、当局の調査で事実解明されるまでは
可能性がある限り、被害者ができる限り動く必要があります。
 
自分はEWの被害者ではありません。
それでも、これはあんまりだと思うから、リスクがあっても協力しているうちに
生活に支障が出るほどの負担になると、
協力者の時間と労力はタダ同然、と思われているのかもしれないけれど
自分を頼る被害者当人は、どれだけ努力しているのだろう?と思うのです。
被害者自身が一番動くべきだけど、
自分が動いていたように「本気で実行」実行しているのだろうか?と。
 
ですからNZの政治家への手紙の参考例を希望する方には、
NZ在住か日本在住かということも含めて
体験やストーリーを知らせてほしいのです。どれだけ本気なのか、知りたい。
どう考えて、どれだけ本気で怒り悲しんでいるのか?
共有して、可能な方は匿名で公開させてほしいのです。
 
<被害者の方>
「関係当局への通報の時期と受付番号」
「(通報していない場合)通報していない理由」
「どうしてEWを利用するようになったのか?」
「現状をどう思っているのか?」
「NZの政治家に何を望むのか?」
 
<被害者じゃない方>
「なぜEW問題を知っているのか?」
「現状をどう思っているのか?」
「なぜNZの政治家に手紙を書くのか?」
 
どうしてかというと、
EW関係者や利害関係者は、
「被害者の怒りや憎しみを無視して」生活を続けていくことができているからです。
 
私の被害でも、注意喚起のために報道して広めるようにとNZ当局の意図があるのに
NZの日本メディアは、お願いしても拡散を拒みました。
日本人会は最近、安全情報の共有などでNZ警察から表彰されたそうですが
EW詐欺に関しては安全情報に入らないのかもしれません。
逆に触れないようにしていると聞いています。
都合の悪いことは、残念ながら広まらないような環境になっているのです。
私に圧力をかけて、黙らせようとするように。
 
だけど、
「被害者の怒りや憎しみ」も「誰が信用できるのかどうかわからない不安・疑心」も
誰でも知ることができるように可視化して
「日本人が日本人を当たり前のように人を騙すコミュニティを、許さない」という
強い意思表示を続けていく必要があると思うのです。
「被害者の怒りや憎しみ」は、加害者にもっと伝わるべきだと。
 
誠実に日本人相手にビジネスしている在NZ日本人もいるでしょうが
誰が誠実なのか誰が騙そうとしているのか、混在してわからない状況です。
実はつながってるのに、EWを非難することで無関係を装ったり。
 
「詐欺を許さない社会」を示せなかったら
留学・移住・投資する人も、それらのビジネスする人も、国益にも悪影響がでます。
 
これまで私に体験談を伝えてくれる人は、未公開希望がほとんどです。
ですからストーリーの共有では、一部のみの公開ならOKなどお知らせください。
 
後日、一例が作成できましたらご報告します。
 
その時にご希望の方はお知らせください。
 
ウト