Bittersweet in NZ

ウトです。もっとみんなが暮らしやすい国づくりに参加したくて、NZ労働党メンバー・多文化メンバーをしている普通のお母さんです。*政治を考える=生活基盤をつくること*NZの大学で英語講師をするイギリス人夫を支えながら思うこと * 後半期に入ったNZでの3人の子育て*元日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇されて闘ったこと*子供の聴覚情報処理障害(APD)の改善チャレンジなど、個人的意見と体験を書いています。(the) MelvinsとSleepとHigh on Fireを聴きながら。

海外銀行口座の開設と管理権限委任の「恐ろしい契約」

 
あとで出てくる書類。
 
初めて見た時、ゾッとした。。。
 
*****
 
NZイーストウィンド関係の情報提供のお願い
こんな呼びかけをしました。
 
+++
 
グループ預金をしていた人で
さらに、NZ銀行口座開設の依頼をした人、必見です!
 
*確認してください*
口座残高をチェック。故トム田中社長の死後(今年2月末)以降、
勝手に預金が引き出されていませんか?
残高に異常ありませんか?
明細書(Statement)の差出人に変更は?
アカウント権限(Account Authority)が設定されてませんか?
あったら、即、解除!
 
これらの点に気づいていない人が、相当数いるかもしれません。
要注意です!
 
 +++
 
ある債権者の方が
イーストウィンド(East Wind)、
イーストウィンドファイナンス(EastWind Finance)との
NZの銀行の定期預金と銀行口座開設の申込書
証拠として情報提供してくださいました。
 
注意喚起として
できるだけ多くの方に知ってもらうために、加工したものを
情報提供者の了承を得て、ここに掲載します。
 
情報提供者さん、ご協力ありがとうございます。
 
*****
 
<委任状>

f:id:uto87:20190830154004j:plain

この下の部分には、債権者のサインと日付が入っています。
 
委任状が、A Letter of Power というのは知りませんでした。
 
イギリス人夫が上の空で答える。「う〜ん、近いな〜。」
 
優しいなぁ。うちの人。
 
 
<口座管理の権限>

f:id:uto87:20190830160238j:plain

あとで「誰が」「何を」勝手に記入しちゃっても、わからない......
 <海外外貨預金 年間口座管理費 受領書>

f:id:uto87:20190830160827j:plain

他の受領書によると、年間口座管理費は1万5000円。
 
GST番号は、どこでしょうね?
 

 

 
<円送金案内>
 
NZにあるイーストウィンド(East Wind)からの案内では
日本にあるイーストウィンド・ファイナンス(EastWind Finance)の口座に
送金するようにとのこと。
 

f:id:uto87:20190830161143j:plain

よく見ると、、、、
 
 

f:id:uto87:20190830161303j:plain

 
三菱東京UFJ銀行には、問い合わせするな。だそうです。 
 
でも、これらの契約書にある担当者名とサインも見てますが
この方。
FMA認可の金融アドバイザーじゃないですよね?
 
こちらでも書きましたが。
 
利用者の投資や預金の担当者は
FMAで「認可された」金融アドバイザーか
調べるのはこちら
 
元はここ
 
ここでも、さらにここでも、探してみてください。

List of Authorised financial advisers (AFAs) | FMA

Search financial service providers | Financial Services Complaints Ltd

 

その上、イーストウィンドは

2014年9月に、金融サービスプロバイダーの登録抹消されてますよね。

Search Summary Company FSP

https://app.companiesoffice.govt.nz/fsp/app/ui/fsp/version/searchSummaryCompanyFSP/FSP163824.do

 

金融サービスプロバイダーの資格、

会社になかったら誰が持ってたんでしょうね?

 

*****
 
いろいろ債権者さんたちに聞いてみると、
「よくしてくれて、いい人だと思ってたのに、騙された。。。」って。
 
でもこの人たち、こうやって儲けているので、それは親切に
よくしてくれますよね?
 
だけどこんなに、たくさん困ってる人たちいるのに
ほったらかしにしているんですよね?今も。
 
イーストウィンドが営業停止になって、
預けたお金が行方不明になったのを知った時。
あまりにもショックで、
しばらく電話にも出れない、メールも見たくない、
途方に暮れて、どうすればいいかわからなくなったり
事実を受け入れられなくなったりしたのだそうです。
 
見せてもらった、証拠書類。
とても恐ろしくて、絶対サインできないって思った。
自分は、必ず大反対しそうな家族や友人や知り合いに囲まれているけれど。
 
契約してしまった人たちは、「こわい」「危ない」
感じなかったんでしょう。
よく仕組みがわからなくても、大丈夫だろうと思わせるような
言葉巧みに信用させてしまう、何かがあったのでしょう。
 
よくしてくれたから?優しかったから?
 
儲けるために、平気で人を騙し続けることができる人の優しさと
一銭にもならないのに、ずっと被害の声を上げるように
訴え続けている私の優しさと、
多分、同じに見えるんじゃないだろうか。
 
違い、わかるかな?
 
どうしたら、わかってもらえるのかな?
 
自分も責任を持って、人に頼り切らないで、
自分も学んで知識と見分ける力、一人ひとりが判断力をつけたら
変わるんじゃないかな?
私は、変えたい。真剣に。
 
誰があなたの代わりに
あなたの財産を管理するか、未記入でわからないのに
絶対に、サインをしないでください。
 
過去にイーストウィンドと関連会社と交わした書類がある人は
もう一度、よく見て、疑わしい部分がないか
よ〜〜〜〜〜く確認してください。
 
情報提供はnzjpさんの、こちらまで。