Bittersweet in NZ

ウトです。もっとみんなが暮らしやすい国づくりに参加したくて、NZ労働党メンバー・多文化メンバーをしている普通のお母さんです。*政治を考える=生活基盤をつくること*NZの大学で英語講師をするイギリス人夫を支えながら思うこと * 後半期に入ったNZでの3人の子育て*元日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇されて闘ったこと*子供の聴覚情報処理障害(APD)の改善チャレンジなど、個人的意見と体験を書いています。(the) MelvinsとSleepとHigh on Fireを聴きながら。

NZイーストウィンド関係の情報提供をお願いします!

 

随時加筆するので、チェックしてください。(最終更新日 2019年8月24日・重要!)

f:id:uto87:20190818180630j:plain

2014年のNZ投資移住セミナーの案内

Source:

https://megalodon.jp/ref/2019-0404-2023-48/bestinvestnz.com/img/Japan%20Investor%20Event%20AUG2014-Japanese.pdf

***

NZで、無資格で長年営業していた
移住コンサルタント会社、イーストウィンドとその関連会社7社が
現在も清算中ですが、
 
当事者である債権者のnzjpさんという方が、
他の投資預金をしていたみなさんに向けて
情報提供の呼びかけをしています。
 
nzjpさんに連絡を取らせていただくと、
債権者当人であることを証明してくださいました。
 
これまで
「勇気を出して、不当行為を受けた当事者自身が、被害の声を上げること」の大切さ
訴え続けているので、
被害者の声が葬り去られることを、見過ごすなど到底できませんでした。
 
そこで、nzjpさんに共感した私は
情報提供の呼びかけのメッセージを、
このブログに掲載していただくことにしました。
 
その前に!
 
重要な追記:8月24日>
 
グループ預金をしていた人で
さらに、NZの銀行口座開設の依頼をした人、必見です!
 
*確認してください*
  1. 口座残高をチェック。故トム田中社長の死後(今年2月末)以降、勝手に預金が引き出されていませんか?
  2. 残高に異常ありませんか?
  3. 明細書(Statement)の差出人に変更は?
  4. アカウント権限(Account Authority)が設定されてませんか?あったら、即、解除!
これらの点に気づいていない人が相当数いるかもしれません。要注意です!
 
 
では
nzjpさんのメッセージはここから。
 
 *******************
 
  
債権者のみなさんへ
 
<重要なお知らせ>
 
以下の条件に当てはまる方は、いらっしゃいませんか?
 
  • EW社のファイナンス担当、またはランドバンキングや移住の相談の問い合わせをした際に対応したスタッフのフルネームをご存知の方
  • 単に、****子さん等ではなく、その裏付けになる理由と証拠をお持ちの方
 
申し遅れましたが、わたしは、みなさんと同じ立場の
債権者のうちの一人です。
現在、NZにいます。
 
管財人は、わたしの投資の確認は取れたようですが、
しかし、依然立場はUnsecured Creditorのままです。
 
ほとんどのみなさんもこの立場ですが、これって
最低ランク、一番下です。
 
もし、債権回収が可能だった場合、
管財人に、時給550ドル!!(NZの2019年最低時給は17.50ドル)
未払いの税金、そして、私たちの上のランクの元社員への
未払いの給与を差し引いて、残りがあったら、分配される立場です。
 
わたしはこの度、警察に届けを出しました。
実は、前回相談した際は、真剣に聞いてもらえませんでしたが、
今回は、いろいろ工夫して、しっかり書類も用意したので
被害届を受理してもらいました。
 
そこで、上記に呼びかけた内容の
スタッフの詳細も、警察へ提出書類として必要になりましたので、
みなさんに今回協力を呼びかけることにしました。
 
情報をお持ちの方、ご連絡ください。
 
わたしは、今後警察で事情を聞かれることになっています。
専門の担当者と個別面談するので、
この程度の英語で、大丈夫か?ととても不安です。
 
でも、日本におられる方には物理的に無理なことなので、
頑張ってきます!
 
ですから、もし情報をお持ちの方、ご連絡ください。
 
また、自分もNZ警察に行ける立場の方、
連絡いただけたら、ちょっとしたコツをお話しできると思います。
メール(nzjp@protonmail.com)で連絡ください。
 
EWの関係者の方、探りのメールお断りします。
わたしのバックには、もう警察がいることを忘れないように!!
 
最終的には、みなさんからの情報を警察に提出すると共に、
管財人にも、元スタッフを債権者リストから外してもらうように
要請します。
また、SFO(Serious Fraud Office 重大詐欺捜査局)へ通報したいので、
いただいた情報が通報に十分であるかどうかも、精査させていただきます。
 
最後に、
日本のニュージーランド大使館やホテルで行われた
投資移住の勧誘セミナーに参加した方の情報
受け付けていますので、こちらもよろしくお願いします。
 
特に、
2013年以降に、ホテルで開催された
 
イーストウィンド、または
ベストインベストメントNZ社が募集していた
有料セミナーに参加した方の情報もお待ちしています。
 
 
<重要な確認ポイント>
  • 有料セミナーの参加費用
  • 移住情報サービスと称した、支払われた年間会員費
!!!支払先を確認してください!!!
 
豊洲にあった
三井住友銀行(株)サポートニュージーランド名義ではありませんか?
 
サポートニュージーランド社
何らかの送金をした方いらっしゃいましたら、
 
ぜひとも情報をお寄せ下さい。
 
 
連絡先:
 
***********************
 
以上が、nzjpさんからのメッセージです。
 
私からも、ぜひ情報提供をお願いします。
 
多くの方が、
Secured Creditor(担保権者)ではなくて
Preferential Creditor(優先債権者)でもなく
Unsecured Creditor(一般債権者)ですよね?
 
*一般債権者=担保が含まれていない債権を持っている人
 
*担保債権者=担保を持っている債権者
(債務者の財産を担保にかけている場合、その財産に関する換金後のお金が優先的に分配される。
 
民事の清算手続きで処理できることは、限られています。
 
厳しいことを言って申し訳ないけれど、債権クレームを提出したのは
テスト用紙に名前を書いただけ、と同じだと思いませんか?
それだけじゃ、点数取れないんじゃないですか?
 
<追記>
*過去のイーストウィンドの広告の提供のお願い*
 
過去に発行された月刊ニュージーを、大事に保管されてる方はいらっしゃいませんか?
 
イーストウィンドの広告で
グループ預金の紹介に、大手銀行のロゴが入っているのがありました。
そのような広告がありましたら、冊子ごと提供していただきませんでしょうか?
 
また、上の写真の2014年投資移住セミナーの案内(日本語版・英語版)の下には
関係会社と大手銀行のロゴだけではなく、
  • NZ貿易経済促進庁
  • NZ移民局
  • NZ政府観光局
これらのロゴも使用されていました。
 
「NZ政府機関か関係していてロゴも使われていたから、
安心してイーストウィンドやベストインベストを信用してしまった。」という
元利用者はいらっしゃいませんか?
 
ぜひこのブログのコメント欄か、uto33@protonmail.comまで、お知らせください。
他にも関連情報がありましたら、お願いします。
内容の公開の可能な方は、その旨を明記してください。
ここでシェアさせていただきます。
 
投資預金だけではありません。移住に関しても多くの被害が出ています。
「痛かったら、痛いっていいなさい。」
「傷ついている人がいたら、声を上げて助けを呼びなさい。」
子供の時、そう親から教わりませんでしたか?
 
いつまで忖度してるつもりですか?
 
被害者本人なくても、周りで聞いて知っている人も
もっと一人ひとりが変えようとしなければ、変わりません。
 
 
***
 
これまでに私も、微力ではありますが
被害を訴えるように、複数あるいは個人個人に向き合いながら、
言葉がけをしてきました。
 
自分はイーストウィンドの直接の被害者ではありませんが、
無償で多くの時間を費やして行ってきました。
それは私だけではありません。
 
どれだけ時間をかけて説得と説明をしても、
「よし、がんばろう!」という方ばかりではなく
あきらめたり、
なんとか誰かの動きに頼ろうとする当事者も、少なくないでしょう。
 
「債権者に力を貸していただきたい。」
そうおっしゃられても
これまですでに、被害者じゃなくても自分の時間をかけて
できる限りの協力をしています。
 
 
被害に遭った、当事者のみなさん。
 
これまでの時間、何をしてきましたか?
 
どんな行動を起こしてきましたか?
 
被害に遭ったのは、私じゃないんです。
 
当事者の、あなた達なのです。
 
 
動かなくちゃいけないのは、あなた達なのです。
 
 
 
ですから、お願いです。
 
政府機関に、自分の被害を納得してもらうだけの、証拠資料を提出できる方で
自分の蒔いた種を、自分で刈り取る覚悟のある方は、
なるべく早くnzjpさんに、連絡を取ってください。
 
行動しようか、あまりクヨクヨ悩んでいると、他の方達の届出を送らせてしまい
迷惑をかけることにもなりかねません。
 
 
もう、悩んでいる余裕はないんじゃないですか?
 
「誰を信じていいのかわからない。」
 
信じられないのは、自分で行動を起こそうとしない、自分の心じゃないですか?
 
*****
 
私も過去に不当扱いを受けた。
移住アドバイスの資格のないイーストウィンドから、アドバイスを受けて
会社運営していた日本人元雇用主は、私を雇って
私の雇用を維持するために業績好調だと言いながら
NZ永住権取得をした当日に、真実は経営不振だったことを理由に、
私に解雇通告を送りつけた。
 
「自分は正しい、苦しいのは自分の方だ」と言い続けていた、
元雇用主(とその弁護士)の行為は
「不当解雇」であり、元雇用主に賠償金と未払い賃金の支払い命令の
司法判断が下された。ここまで、1年半以上かかった。
 
私は裏切られてすぐに、闘う準備に入った。
ショックで何も考えられないという、時間の余裕はなかった。
弁護士もつけず、夫に闘うことを反対され続けながら
自分で法律と過去の判例と、少しでも使えそうな情報を
独りで、藁をも掴む思いで読み漁って。
糸口を探し続けて、やっと勝ち得た「不当解雇」。
 
その後、私が債権者になってその会社を清算手続きして
それでも未だに、賠償金は支払われていない。
だけどその社会的責任からは、決して逃げ切ることはできないのだ。知らないだけで。
逆に膨れ上がってるかもしれないのに。
イーストウィンド関係とその囲いにいる者達は、
どうやって、狡猾に責任逃れをするか?を知っている。
だけどそれは過去の話。
イーストウィンドとその関係者と利害関係者で作られた組織的なネットワークは
ただ、トム田中社長が死んだだけで、今も存在し続けている。
これからは、どうなる?
 
故トム田中の作ろうとしていた「NZ日本人5万人社会」の中には
正当にビザ基準を満たしてないのに、
あの手この手を使って永住権取得者が少なからずいて
不当に永住ビザを取得した移民の放置は、差別感情を増幅する一因になる。
 
不公平に不当に移住する移民、特にアジア人移民は
不満の矛先になって、差別感情のターゲットになる。
 
「ずるいアジア人移民」も「真っ当なアジア人移民」も、見分けがつかない。
 
その罪悪感もなく、不誠実に人を欺く者達の私腹を肥やしていくのは
今回のような投資預金被害者達の、大切な財産。
 
真実から目を背けたい大人のせいで、
アジア人差別をより強く受けているのは子供達のほうだ。
「消えたい」「どこにいればいいのかわからない」という。
時には、もっと鬱屈した感情が重く沈んでいて。
親には言わないアジア人移民の子供達の苦悩が、NZ移住した時から
今も私の記憶に積み重なっていく。
 
親の不正行為を、子供は外でよく話す。
ズルして移住した人は、自分がアジア人差別の一因になってること自覚してほしい。
それで子供も大人も、とばっちりを受けてるのだから。
 
***
 
長年放置されてきたイーストウィンド問題は、
多様化社会の抱える問題の一部です。
大きなうねりで、つながっているのです。
 
国のせい政府のせい社会のせい。「だから誰か、助けて。」
それは通用しない。
人に助けてほしかったら、自分も何かしないといけないのでは?
 
差別を受けたくなかったら、移民も自助努力で「不正移民」を
絶対に許さない社会を作らないといけない。
NZでの不正移民の放置は、アジア人差別に深くつながっているのです。
 
それを世界中で、それぞれの国のそれぞれの環境で
各自が問題意識を持って取り組む努力が必要です。
 
それはこの前も、
ジャシンダ・アーダーンNZ首相が、強く訴えてました。
 
***
 
私が法的措置を取って闘っている時、
自分の被害の参考になるものを、過去の判例から探すのはなかなか大変でした。
過去に、この「通例」に挑んで闘い抜いた被害者がいなかったのでしょうか。
NZ永住者を利用して騙して、永住権をとったら、切り捨てる。
永住ビザ取得で、移民社会で当たり前に行われてきた解雇の「通例」は
「違法行為」であると、裁決で確定しました。
ニュースのトップ記事になってるのを見た時は、ものすごく驚いたけど。
 
険しい私の闘いは「前例」になったから、無駄じゃなかった。
いつか誰かが、後に続いて、主張の正当性を証明することができるのなら。
 

f:id:uto87:20190821103535j:plain

NZ労働党主導政権の、イアン・リース ギャロウェイ移民・労働安全・ACC大臣

 

「不当な扱いを受けたと主張するのは、当然の権利。」
 
不当解雇体験を話した私に、繰り返しそう言って力づけてくれた
イアン・リース ギャロウェイ移民・労働安全大臣。
 
当然の権利なのに、行動しない人が多すぎます。
被害者が被害を受けたまま何もしないでいるから、騙す人間がのさばっていく。
じゃあ、傍観者ができることは?
 
私たちは、イーストウィンド関係者らが長年続けていた悪事を知ってしまいました。
騙された人は、騙されないように知恵をつけ、また新たな被害者が出ないように
騙しの手口を社会で共有する必要があります。
まだ騙されていない人も、一緒に被害を防ぐための知識や手段を収集して
不正詐欺を決して許さない社会づくりが、どのコミュニティーにおいても必要です。
そして法整備の必要性を、要望として政府に届ける必要があります。
だから、私は労働党のメンバーになったのです。
いちアジア人移民の話でも、聞いてくれる人たちだから。
 
***
 
なぜこのブログで、繰り返し私の体験を話しているかわかりますか?
 
それだけ
「傷ついている人を、闘うために立ち上がらせることは、難しい。」からなのです。
 
みんながみんな、すぐに反論できるわけではなくて
ショックで事実を直視できなかったり、
別のことで気を紛らわせて忘れようとしたり。
 
その上、被害者からさらに法外に毟り取る、悪い弁護士や通訳がいるのは事実です。
故意に事実から少しづつずらして伝えたり。
不利になるような法的アドバイスをされ続けているのに、
懲りずに高額な費用をはたいて頼り続ける人もいるし。
誠実な仕事をする専門家はいるはずなのに、それが誰だかわかりづらくて。
 
だから私は頼まないで闘いました。
「もう、誰を信じていいのかわからない。」という人は
私がやったように、自分でできることを調べて自己責任でやってみて
どうしても必要な時だけ専門家を頼むっていう方法も。
自己責任だけど、決して不可能なことではありません。
 
「あなたにもできる。不可能じゃない。」
自分は高学歴でも社会的地位が高いわけでもない。でも、できました。
意志があったから、可能にできた。
「不当な扱いを受けたと主張するのは、当然の権利」だから。
 
「当然の権利」を主張し始めるきっかけになった裏切り行為、
「当然の権利」を主張し続ける闘いのための原動力、
イーストウィンド関係や他の不当扱いで欺かれた人たちに
「当然の権利」を、主張するように、こうして呼びかけ続けられるのも
突き動かす力の大きな源になるのは、元雇用主の行為。
 
目を逸らさなければ
それぞれに動く理由が、本当はあるはず。
 
自分が欺かれた経験があるから、他に欺かれた多くの人たちに
なんとかできないか?って思う。
 
泣き寝入りしないでほしい。
 
被害者達が泣き寝入りをやめない限り
不正詐欺行為で生活する人々は
これからも、楽しく生きていく。
何事も、なかったように。
 
強い依存心は、利用される。
親切心も、利用される。これは自分が学んだこと。
 
騙されて、利用されて。ショックなのはよくわかります。
気を抜くと体中かけめぐる
その込み上げるどす黒い怒りの熱は、とにかく腹の奥に押し込めて。
 
そして、自分は何をするべきなのか?
体にある怒りの熱は、そのままでいいから
冷静になって、よく考えてください。
 
あなたと私はそれぞれ
別の人間、別の人格で、別の人生だけど
これはわかってほしい。
 
正義は掴み続けなければ、奪われる時代を
私たちは生きているんです。
 
掴み続けなければ、もっと苦しむのは
後に続く、次の世代なのです。
 
 
最後に、
今回被害に遭った当事者
nzjpさんの勇気ある行動に、心から感謝します。
 
ありがとう。:)
 
 
あなたのその思いを、私は、消しません。
 
 
ウト