Bittersweet in NZ

ウトです。(the) Melvins を聴きながら。NZの大学のイギリス人英語講師の奥さん目線 & NZ移住して3人の子育て後半戦に挑む奮闘記 & NZで元日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇された体験記、息子のAPD(聴覚情報処理障害)との奮闘レポートなどなど。

NZ不当解雇体験記8。気狂いなのは、私のほうかもしれない。と思っていた。

抜けてた、不当解雇体験記の8です。

 

<不当解雇体験記7の続き。>

 

uto87.hatenablog.com

 

調停の前には、
自治体の無料法律相談、Citizens Advice Bureau(CAB)にも行ってみました。
 
私たちの件は、私の解雇問題と夫の報酬未払いがあったので
なかなか複雑で分かりづらいだろうと思って、
タイムラインを図にして、伝えやすいようにしました。
 
このタイムラインは、とても好評で
調停でも非常に役に立つはず、と太鼓判を押されて
実際、調停と、それ以降でも役立ちました。
 
もし、調停に行く人は、図のようにしてタイムラインで
分かりやすくすると伝えやすいかもしれませんよ。
 
CABで相談する時は、
自分の問題に詳しい人が必ずいるというわけではないので
参考にはなると思います。
 
私たちの件は複雑なものの、数回相談した中で、
役立つことをいろいろ教えてもらいました。
 
面白かったのが、思わず出てしまった2人の言葉。
 
CAB「そういうことは、中国人の間ではよくあるんだけど。何?その人中国人?」
夫「いや、日本人。自分は20年近く日本にいたけど、直接こんなにひどいことする日本人は、初めてですよ。」
 
それに相談員ですら
「なんて無情な人なんだ?」と元雇用主のしたことをすごく怒ってました。
 
立場があるので抑えてはいるものの、
赤の他人が、隠しきれないほどの怒りを感じているのを見て
 
「怒っている私は気狂いじゃないんだ。」
やっと少し、普通の人間の感覚に戻ったようでした。
 

f:id:uto87:20180703200329j:plain



 
それまでは、私は被害者だというのに
突然解雇した元雇用主の松野太郎氏と、
その雇用方法は正しいと主張する松野氏の弁護士の
反省のないあまりのふてぶてしさに
 
「怒っている私の方が、頭おかしくなっているのかもしれない。」と。
 
それほどまでに、徹底的にしらばっくれてる松野氏の態度と、
それを正しいとする彼の弁護士は、
 
解雇通知を送りつけてからも
ますます私の感覚を、おかしく麻痺させていったのでした。
 
元雇用主が、私の雇用を
永住許可のスタンプ入りのパスポートが返却されるまで引き延ばしていたのは、
万が一、Immigration NZから許可が下りなかった時の保険だろう、と。
 
ここでも、私の周りの人たちが考えていたことと同じでした。
 
やっぱり他人が見ても、そう思うんですよね。
 
後にAuthorityの裁決でもこの部分、
元雇用主の行動を指摘し、明記してあります。
 
 
 
好調だと報告していた会社業績を、永住許可が下りたとたんに
本当は、業績が悪かったからといってクビにするのは、
永住ビザのためだけに私だけでなく夫も利用されたことになり、
精神的にひどく傷ついた、というのが私の主張でした。
 
それに対し元雇用主は、
自身の永住ビザ取得には、会社経営も従業員の雇用も必要ないので
雇用問題と自分の永住ビザ取得とは全く関係ない、と。
 
彼の弁護士も「彼女は勘違いをしている」と私を非難しました。
 
えーーーーーーーーーっっ???
 
本当にLong Term Business Visa (LTBV) は、
会社経営も従業員の雇用も必要ない?
 
雇用を始める一番最初の話し合いに、
「永住権取得には、会社経営も従業員の雇用も必要だから、
フルタイム従業員として働いて欲しい。」と
私にお願いしたのは、元雇用主・松野氏本人。
 
しかも解雇通告をしたメールには
「永住権取得のために、従業員になってくれてありがとうございました。」と
松野氏自身がしっかり明記。
 
 
「自身の永住権取得には、会社経営も従業員の雇用も必要ない」
「永住権取得のために、従業員になってくれてありがとう」
また正反対のことを、言い切る元雇用主。
 
「好調な業績」「悪い業績」のことといい、
もうどっちが本当なんでしょう?
 
何でこんなに正反対のことを、
堂々と言えるのでしょう???
 
何度も何度も、ずっと質問してきたのに、今だに答えられない。この元雇用主は。
 
***
 
自分の主張が正しかったと
公に認めてもらうまで闘ってきて、
 
不当解雇や労働搾取にあった人たちに会ってきて
 
こんなに怒っている私は、気狂いかもしれない、と思いつめていったのは
 
私だけじゃなかったんだ、っていうのが
 
今はわかります。すごく。
 
だって精神的サポートが必要な人たちにも会ってきたから。
 
私の場合は、
「人に親切にするのが当たり前な、お人好し」の私の根本的な性格を
踏みにじられることで、私の人格そのものを踏みにじられたと感じたこと。
 
その上に、松野氏の矛盾・ウソ・無礼な言動が次々と重ねられていったことが
余計に自分を気狂いだと、追い込んでいきました。被害者なのに。
 
赤の他人が私の怒りをわかってくれる、というのが
いかに大事だったか。
 
どれだけ、私を正常に戻してくれたか。
 
イアン・リース ギャロウェイ移民・労働大臣に会った時に
「搾取にあったら、訴えるのがいかに大事か」を強く何度も訴えていた意味が
 
闘ったからこそ、よくわかります。
 
私の行動を正当化する
大臣の強い言葉が、どれだけ私を正常にしてくれたか。
 

f:id:uto87:20180624083317j:plain