Bittersweet in NZ

ウトです。(the) Melvins を聴きながら。NZの大学のイギリス人英語講師の奥さん目線 & NZ移住して3人の子育て後半戦に挑む奮闘記 & NZで元日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇された体験記、息子のAPD(聴覚情報処理障害)との奮闘レポートなどなど。

ありがとうございます!

ウィンドウの右上の、赤いプチにふと目が止まった。
 
このブログには、わが家のニュージーランド生活で直面したいろんな「困った」に
もがいたり、乗り越えた経験を
どなたかの参考になったらいいなぁ、と書き残しています。
 
「ニュージーランドおいし!楽し!」ではないので2、3人でも読んでくれれば、
という気持ちでした。
 
でも、右上の赤プチを見ると、びっくりするくらい桁違いにたくさんの人が。
しかもあたたかいコメントまで…
 
本当にありがとうございます。書いててよかったです。
 
そしたらふと、Melvins聴きながらなのに、
ちゃんと書き伝えられているか心配になってきて。
案の定、不当解雇体験記3が抜けていました。すみません。
追加して、それに解雇体験記も順にチェックして、さらに思うこととか
書き足していくので、参考にしてもらえるとうれしいです。
 
深くに沈めてしまいたい苦々しい経験を
蒸し返して、掘り進むために
Melvinsは心の安定に必要不可欠なので、このまま聴きながら書かせてください。
 
どっか抜けてたりわかりづらかったら、Melvinsのせいじゃなくて
私の集中力の弱ってるせいです。
 
*****
 
そして。
不当解雇をされ、これから元雇用主と闘うMarkさんからコメントをいただきました。
この件は、読んでくださる他の方にも参考になると思うので
ここで取り上げさせていただくことにしました。
 
初めまして。移民、搾取を検索していたらウトさんのブログにたどり着きました。
不当解雇の件大変でしたね。
これから私と妻もレイシストなコメントをして、2年半有給未払い、
そしてPGを出した途端、
懲罰委員会にでっち上げた罪を糾弾し、不当解雇したNZ人雇用主と戦う予定です。
 
調停行きを拒否したので、ERAに行くと思います。
ほとんどの労働者が移民の職場で、他の人も有給、PHの代休は払われていないようです。
明日しっかりとウトさんのブログを読ませて頂きます。
 
一言、ブログに綴っていただいてありがとうございました。
 
 
こちらこそ、コメントありがとうございます(^^)
 
できればブログ内では、変換しましたが「ウト」で呼んでくれるとうれしいです。
 
ブログ始める時に「名前なんにしようかな〜」って考えてたら
移住以来ずっと会えてない父ちゃんが夢に出てきて
「ばあちゃんが会いに来てるよ。」と言うので
「ばあちゃんって、父ちゃんの母ちゃんの??」
「いや違うみたいなんだけど。」
で、引き戸をガラガラ開けてみたけど。誰もいなかったんです。
 
で、目が覚めて。残しておきたいと父ちゃんが作った家系図を見たら
大昔のこの「ウト」さんだなあって、わかって。
ああ、ウトばあちゃんがこっちに来たいんだな、と。
両親は奄美諸島出身なので、先祖の話が出るのはよくあるのです。
 
なので、こっちに遊びに来たいウトばあちゃんのために
「ウトさん」でお願いします。
 
 
 
話は戻って。
 
私がそうだったのですが、
Markさん夫婦も、胃の重い忌々しさに取り憑かれている最中かもしれません。
 
おっしゃる通り、こういうことたくさん起きますよね。
「日が暮れたら、また昇るよね〜」くらいあたり前に。
だけどそれって、おかしいでしょ??
 
直接話をした移民労働大臣も住宅交通大臣も、重々わかっていて
現政府で取り組みたいんです。
 
だからこうやって私も取り上げたいんです。経験者として。
 
Markさん夫婦のNZ人元雇用主は、
遵守すべき労働法を守らず、2年半もの間
有給の支払いを怠った。
 
Markさんご夫婦は、労働者の当然の権利として(雇用契約書にもあるはずです)
Personal Grievance、不服申し立てをして話し合おうとした。
 
「雇用主は自分の有給未払いの非」を認めずに
「有給の支払いをしたくないからか」でっち上げた罪を理由に
ご夫婦を不当に解雇したのですよね。
 
有給未払いの話し合いをしょうとしたのにもかかわらず
  • 雇用主が調停(Mediation)出席を拒否したこと
  • でっち上げられた罪が雇用主側の虚偽であることを、Markさん側でしっかりと証明
Employment Relations Authority(ERA)に
「The statement of problem(陳述書)」で主張することになると思います。
 
雇用主側は、罪がでっち上げでないことを
あの手この手で主張してくると予想していろいろシミュレーションして、
相手のでっち上げた主張をことごとく潰していけるだけの
証拠を徹底的に用意して、陳述書と一緒に出すといいんじゃないでしょうか。
(私はたっくさん出しました。)
 
証拠には、なるべくメールやテキストなど書面がいいのですが
言われたことも時期や場所できるだけ詳しく、
言われた差別発言は、きれいな言葉に直さずに
言われたまんまの言葉で。
 
 
PGでは、賠償金の具体的な金額は書かないよう言われたと思いますが、
陳述書には、書くのだそうです。
私たちは書いてなかったので、ERAで提出する時に言われて
記入しました。手書きで(^^)
 
いかに金銭目的ではなく
勝てるとも思っていなかったのかが、わかります。
正直勝ち負けよりも私は主張し、問いただしたかったんです。
「こんなのありなの???」って。
「こんなのをこの国は許すのか???」って。
 
私の時も、元雇用主の松野太郎氏が
一方的な会社の業績不振を理由に、労働法における手順に従わず
私を納得させないままで、一方的に解雇したので
ERAが「不当解雇」の裁決を出しました。
 
ご夫婦の件も、労働法で定められた有給の支払いが無視されてるわけだから
私は法律の専門家ではないけれど、経験者としてはあっちが不利だろうなと思います。
Investigation meeting 審議にあっちが来なかったら余計に。
 
審議では調停と違って、ウソの発言をしないよう宣誓もするので。
でっち上げを証明するのにちょうどいい。
 
ご夫婦がたぶんさぞかし腹たってるだろうなと思うのは
未払い有給だけじゃなく、支払いを避けるために
「卑怯に逃げて」調停にも来ないで
罪をでっち上げて、解雇した
雇用主の「次々と上塗りされる、小汚い卑怯さ」じゃないでしょうか。
 
労働法では、雇用主・労働者がいついかなる場合においても
互いに誠意を持って対応することが義務付けられています。
 
私の時、Investigation meeting 審議で、
解雇方法だけじゃなくて
 
「子供同士が同じ小学校に通う、親同士としての関係」を
ものすごく突っ込まれて聞かれたんですね。審議官に。
全然予想していなかったから戸惑ったんですけど。
なんでこれを聞かれるんだろう?って思いながら答えました。
 
前にも書いたけど、
学校に慣れていないようだった元雇用主の低学年の子を
高学年のうちの子とその友人たちが、毎日毎日休み時間に遊んであげてて
少しでも学校に慣れるように、友人たちのママたちにも協力してもらって。
問題のないように、丸々一年間、元雇用主の子を見守っていたんです。みんなで。
 
そういう関係(子供が世話になっていた)のに
それでも裏切って、こういう解雇をするか?っていうのが私の件の裁決にはあって。
 
それがニュースにもなりました。
裁決文から記事を書く記者が読んでも
私と元雇用主を「友人関係である」と解釈して
元雇用主の永住ビザ取得に私を利用した、と解釈しました。
 
最初、私の夫は
松野太郎氏が、自分の仕事に報酬未払いのまま
正当な会社経営を続けていたと申告して、永住ビザをとっても
自分への報酬未払いを、表に出したがらなかったんです。
 
夫は長年教育者として、生徒を伸ばし成長させるのが生業。
うちの子となじみの仲間たちが、元雇用主の子のためにしていたことを
ちゃんと知っていて心配していたからこそ
自分への報酬未払いを、表に出したがらなかった。
 
出したら、元雇用主の家族含めて
在留資格に影響があることくらい
長年外国人やってるんだからわかります。
あの子たちの事を思って、夫は表に出したがらなかったんですよ。
 
私だって、突然の解雇通知を受けた後の話し合いでも
「こういう判断をしたのは、やむを得なかったのかもしれない」と
元雇用主に悪意はないのかも?と、思おうとしてた。
あんなことされても。
 
でも「ビザ利用して即解雇は、計画的だった可能性がとても高い。」
指摘したのは行政の人たちでした。
あきれて思わず、人でなしの行為だと口にした人もいました。
 
Markさん夫婦の雇用主と同じく、松野氏も元々の問題を指摘してからが、ひどかった。
 
  • 何度も精神的に傷ついたと言っても理解されず「自分の方が傷ついてる」と言い張る。
  • 夫が2年間の報酬未払いの仕事を主張すると、自分とは関係がなかったと主張。雇用主弁護士も担当を拒否。
  • 契約上に会社備品の返却は雇用主の要請後に、とあるのに、1年以上も備品の返却されてないのは私のせいだとして罵倒して要求。
  • 私と夫それぞれの件で、ERAに提出するべき書類の提出をすべて拒否。電話会議もInvestigation meetingsも全て欠席。
  • 元雇用主と弁護士共に、ERAや清算処理関係者に無視や無礼な態度。
  • 夫との調停には出ると言っておきながら出席延期を何度もすることで、税制年度末で会社配当金を取得してから、ERAでの審議裁決を先延ばすことに成功。配当金の取得時には「賠償金支払い命令を認識していなかった」として、会社配当金であるもの(別会社という情報)を購入して後の会社清算時には、会社資金をなくして賠償金を支払いを拒否。*これは後でまた書きます。
 
まだあるけど、ざっと書いてこんなもんです。
 
こういう松野太郎氏の度重なる態度が、夫の堪忍袋の緒を切って
「あの子たちには影響のないように」という夫の思いを薄れさせていったのです。
 
会社清算までいっても、こうまでして賠償金を払いたがらない元雇用主のことを、
利用された者としては、その手口をやり方をとことん
永住ビザを許可したImmigration NZに「本当に永住にふさわしい人物なのか?」と
訴えることに気が向いていました。