Bittersweet in NZ

ウトです。もっとみんなが暮らしやすい国づくりに参加したくて、NZ労働党メンバー・多文化メンバーをしている普通のお母さんです。*政治を考える=生活基盤をつくること*NZの大学で英語講師をするイギリス人夫を支えながら思うこと * 後半期に入ったNZでの3人の子育て*元日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇されて闘ったこと*子供の聴覚情報処理障害(APD)の改善チャレンジなど、個人的意見と体験を書いています。(the) MelvinsとSleepとHigh on Fireを聴きながら。

NZ不当解雇体験記22。「隠匿」と「労働の搾取」2

新しいLabour党の移民大臣&労働大臣、
 
イアン・リース ギャロウェイ(Iain Lees-Galloway )は
 
移民と留学生に対する権利侵害の正式な調査を開始するそうです。
 
リース ギャロウェイ大臣は
移民に対する搾取に関し、移民自身の口から聞きたいそうで
新政府の最優先事項なのだそうです。
 
((一部削除))
 
 
「隠匿」「労働の搾取」
 
隠匿と労働の搾取、両方やる人もいます。
 
ドットコムみたいに「隠匿」だけ
悪徳レストラン経営者みたいに「労働の搾取」だけじゃない。
 
永住ビザにチャレンジする会社経営者として、
堂々と隠匿と労働の搾取の両方をやる人もいるのです。
 

f:id:uto87:20180312095250j:plain

 
MBIEで言われましたが、
「労働者が雇用法(Employment Act)を熟知していないのは仕方のないものと捉えるが、雇用主は熟知しているものと考えられるので、雇用主は雇用法を厳守しなければならない。」のだそうです。
 
いや私の方が最初にちゃんと調べればよかったんだけど)
雇用される側としては、雇用法をちゃんと理解していないのはよくあることで、
 
ある意味致し方のないことだ、とMBIEに言われました。
 
雇用法を厳守しなければいけないのは、経営者のほうである、と。
 
元雇用主にしても 
大手移住コンサルタントがついているから会社は健全であると
労働者側に思わせていたし
「永住権狙っているのだから、法律は正しく守っているに違いない」と、
私も信じてしまっていました。
 
また、私たちは技能永住ビザで入って来たので、
ビジネスビザのことをよく知りませんでした。
 
松野氏が「特許翻訳は将来性も安定性もあって、この仕事をすることは、大きな利益になる。」と
何度も繰り返し強調するから、こちらは引き受けたのであって
 
松野氏の永住ビザだとれるまでの2年間限定だったら、
将来性がないんだから、当然引き受けませんでした。
 
((一部削除)) 
 
フルタイム従業員である私の存在は、
松野氏の永住ビザ申請のために利用されました。
 
事実、永住ビザスタンプの入ったパスポートを受け取り(多分午前中か昼くらい)
永住権獲得が確実になったことを確信した同日の、3時33分に
 
「永住権取得のために従業員になってくれてありがとうございました。
実は、言っていませんでしたが
2年間ビジネスは不調でコネもなくなり、もうあなたを雇い続けることができません。」ニュースにもあるように、解雇通知をメールしてきたのでした。
  
しかも永住権確実になった「当日」に。
 
***
 
 
 Employment Relations Authority(ERA)の下した裁決にも、
わざわざ「同日の3時33分に」と記載されてあります。
 
いかに悪質だったか、ERAにも指摘されるほどなのに
 
どうして私が怒っているのか
 
なんで悪いことなのか、何度も松野氏には説明してきましたが
松野氏には全然理解できませんでした。
 
「全然わからない。」って言ってました。ずっと。
 
 
((一部削除))
 
 
 
(続く)

SaveSave