Bittersweet in NZ

大大大好きな(the) Melvins を聴きながら。NZの大学のイギリス人英語講師の奥さん目線 & NZ移住して3人の子育て後半戦に挑む奮闘記 & NZで元日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇された体験記などなど。質問などあったら、どうぞ。

NZ不当解雇体験記12。夫の調停がドタキャンされた!!!

そうして、夫の調停日が終わるまで待っている間に
Authority Conference Callという三者電話会議が行われることに。
 
Authority Memberから、私に電話がかかってくることになっている。
このAuthority Memberという人は、
どうやらInvestigation Meeting(審議)で裁決を下す人らしい。
 
 
当日。
 
とにかく、私はちゃんと答えられないといけないから
準備してきたこと確認しながら、
緊張しながら待っていた。
 
3人で電話でどうやって話すんだろう?と思いながら。
 
時間通りに、Authority Memberから電話がきて
ちょっと待つように言われる。
 
相手側にも電話するようだ。
 
この際だから、言ってしまうけど、
もうこの時点で相手とは話したくないほどで、イヤだった。
 
Authority Memberが戻ってきて
「相手側は電話に一切出ないので、会議出席を拒否したものとして、元雇用主抜きで話し合いを始めます。」と。
 
はあ???
よくそんな、無視なんて、無茶できるなあと、驚いた。
 
でも正直、相手の声聞かずにすんだからよかった。
 
Authority Memberの声には、怒りがこもっていたけど。
 
ここでは、「The statement of problem(陳述書)」に書いた主張内容の確認と
来たるInvestigation Meetingの日時と
私と夫の「Witness statement」を期限まで(1週間とちょっと)に提出することの
話し合いでした。
 
ほとんど確認だったのでスムーズに終わって、10〜15分くらい。
20分はかかりませんでした。
 
 
 
電話を切ったら
すぐに、また電話がかかってきて
今度はAuthority Officerが
「残念ながら、元雇用主は電話会議の出席を拒否したので、あなたに聞くのですが。
Investigation Meetingに、あなたには通訳はいらないと思いますが、元雇用主に通訳はつけたほうがいいですか?」と聞いてきました。
 
相手がAuthorityと話すのを逃げてるんだから、
仕方ないんだけど
なんで私が考えてあげないといけないんだ?と思いつつ、
 
「私との調停の時に、元雇用主は通訳をつけるようお願いしていたので、おそらく今回もつけたほうがいいと思います。」と返事をした。
 
 
これは後に、周りのキウイに話したら
「なんだよー!通訳つけなきゃよかったのに!」とつっこまれましたが(笑)
 
 
それよりも1週間とちょっとの間に、
Witness statement(証人陳述)を書かないといけなくて
「またなんか書くのかーーーー」
これまでに、たくさん書いてきたのでもう疲れていたけど、仕方ない。
 
しかも、他のPersonal Grievance(不服申し立て)や
Statement of Problem(陳述書)には、
ひな形があるのですが、Witness Statementにはひな形がないんですね。
 
それに提出期限の前に、夫と元雇用主の調停があって、
私も関係者として出席するので、その準備の確認作業もあって大忙し。
 

f:id:uto87:20171017094556j:plain

ところが、調停の直前になって
Ministry of Business, Innovation & Employment (MBIE)から連絡が。
 
元雇用主が「調停をキャンセル」
 
延期じゃなくて、中止
 
調停予定日の前日にMBIEから調停は中止になったとの正式なメールが。
 
なので急いでERAに、このことを報告して
Investigation Meetingが進行するようにしないといけない。
 
元雇用主の調停中止理由は、また「会社閉鎖手続きをして会社がないから」。
 
もう、何度もMBIEとERAが「まだあなたの会社は登録されている。」って
会社はまだあるって言ってんのに
なんでわからないの???
閉鎖するのを止められてるんだっていうのに!
 
 
これにはもう、夫がものすごくブチギレて。
 
夫は調停日の時間を確保するのが大変で、
しかも元雇用主が何度も延期するから、振り回され続けていました。
 
 
3月末に、プリンターを取りに来た時も
「調停で会いましょう。」と言ったのに、
会社閉鎖手続きしていたのを隠していて、調停に出席することにしておいて。
 
 
後でわかったことだけど
元雇用主は、
3月末日に会社の配当金をしっかり手にして(公開情報)、
5月末の調停を突然中止することで、
Investigation Meeting(審議)を6月初めまで先延ばし。
Authorityの賠償金支払い命令の採決を先延ばしして、

3月末日の配当金受領時には、
賠償金支払い命令の採決は知らなかった言い張って
会社の配当金を、私への賠償金と夫への未払い報酬に回すことを拒否
 
 
これが計画的じゃなかったら、何?
 
神様のおぼしめし??
 
人をバカにするのもいい加減にして!
 
 
私への賠償金と夫への未払い報酬の要求は、Personal Grievance(不服申し立て)で
1年以上前、元雇用主に要求していたのだ。
 
それなのに支払いの必要性を知らなかった??
 
知ってたでしょ!1年以上前に!
 
夫との調停前には、夫の陳述書を元雇用主は読んでいるから
ここでは、元雇用主がLong Term Business Visaを持っている間に、
夫に仕事を継続的に依頼しながら賃金未払いのまま、IRDにそれを隠して
Immigration NZにも隠して、永住ビザの申請をしたことを
十分な証拠付きで明確にしたから
そりゃ調停に顔を出しづらいだろうけど。
 
しかもビザ手続きしたこの弁護士も、
ビザ申請前の賃金未払いの話に、首突っ込んだら自分が危ないよなあ。
 
 
私と夫の各「The statement of problem(陳述書)」と
私と夫の各「Witness statement(証人陳述)」に対する
「Statement in Reply(答弁書)」を計4通、
元雇用主は提出するようERAから要求されていた。
 
でも完全無視。
 
Authority Conference Call(三者電話会議)も出席拒否。
 
 
ほんとに、たった永住ビザしかないのに
 
大丈夫かこの人は???