Bittersweet in NZ

ウトです。もっとみんなが暮らしやすい国づくりに参加したくて、NZ労働党メンバー・多文化メンバーをしている普通のお母さんです。*政治を考える=生活基盤をつくること*NZの大学で英語講師をするイギリス人夫を支えながら思うこと * 後半期に入ったNZでの3人の子育て*元日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇されて闘ったこと*子供の聴覚情報処理障害(APD)の改善チャレンジなど、個人的意見と体験を書いています。(the) MelvinsとSleepとHigh on Fireを聴きながら。

NZで不当解雇

NZイーストウィンド関係の情報提供をお願いします!

*しばらくトップ固定のお知らせ* 随時加筆するので、チェックしてください。(最終更新日 2019年8月23日の朝) 2014年のNZ投資移住セミナーの案内 Source: https://megalodon.jp/ref/2019-0404-2023-48/bestinvestnz.com/img/Japan%20Investor%…

それでもまだ、気を抜かないように。

先日のイーストウィンド(NZ)の情報掲示板によると。 清算人のうちの一人の話では、 イーストウィンドと関係会社7社に対する清算処理で 債権者の債権請求期限、8月2日以降も引き続き 「回収できたお金の分配が始まるまで」 債権請求を受け付けるのだそう…

ダマされた側の、後始末。

時々わが家で使われる、釜爺の名言。 「手ぇ出すなら、終いまでやれ!」 人の仕事を取るんじゃねぇ! 「ママ疲れてるから、みんなで後片付けしようね。」と 時々、夜ごはんの食器洗いを始めてくれる夫。 でも、油まみれの手強いヤツは苦手で「ここまでは、…

「不当行為被害の可視化」のススメ。

どこまで逃げるんだろう? 隠れても、隠したつもりでも 人を欺いたその「事実」は、決して消えることはないのに。 前回、イーストウィンド関連会社7社の清算手続きで 債権者の方は、債権請求をしてくださいと書きました。 詐欺の疑いがある行為、不当扱いや…

タイムラインを、書いてみましょう。

<債権者のみなさん。債権請求フォームは、もう送りましたか?> 現在、NZの移住エージェント会社、イーストウィンドと 関連会社の計7社が会社清算手続きに入っています。 gazette.govt.nz 債権者の債権請求は、2019年8月2日が期限。メールでも可能で…

イーストウィンド問題に考えさせられる。(3)古い型に、はまらない自由。

<手厚いサポートは、本当に必要か?> *イーストウィンドの提供していたワンストップサービス(無資格)* ⑴ 移住ビザコンサルタント ⑵ ファイナンス業務 ⑶ 不動産販売及びその管理 ⑷ サポートコミュニティ「シタデル」 ⑸ 医療通訳 ⑹ その他、車の輸入及び…

イーストウィンド問題に考えさせられる。(2)「子供だから大丈夫」の思い込み。

業務停止中のNZオークランドの移住エージェント会社、 EAST WIND イーストウィンド。 その死亡報告が出された社長、故田中氏のブログには、 自身のお子さんのが自閉症だけど、 みんなと一緒に普通の学校に通っているというエピソードを載せていて それが日本…

イーストウィンド問題に考えさせられる(1)裏切りネットワーク、迷惑なんですけど。

このブログにも非公開コメントで被害の声が届く 業務停止中のNZオークランドの移住エージェント会社、 EAST WIND イーストウィンド。 イーストウィンド(NZ)情報掲示板への利用者の書き込みをよく読んで どういう会社だったのか? 故田中社長とその関係者達…

イーストウィンドが、残したもの(2)「搾取社会」が続いてほしい人達。許す人達。

心から伝えたいこと。 「不当な扱いを受けたら、勇気を出して その被害を明らかにして訴えてほしい。」 「私にもできたから、ぜひ被害を受けたあなたも 被害の事実を、関連機関に届けてほしい。」 不当扱いを受けたのに、黙っているということは 人の尊厳を…

イーストウィンドが、残したもの(1)誰を信じていいのやら。「疑心」

NZオークランドの移住エージェント会社(1996年創業) EAST WIND イーストウィンド。 今年2月後半の、アシカガマサトモ社長(通称トム田中)の死去による突然の営業停止で イーストウィンド及び関連会社の提供してきた 移住サービスは引き続き受けられる…

自分が、壊れないように。

2018年の暮れ。 日本で、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた法案が成立しましたね。 ウン10年と、私の年齢近くも(!)長いこと日本で暮らすイギリス人の友人が この受け入れ拡大について 「外国人をだます、悪徳仲介業者が増えなきゃいいんだけど…」…

光らないビザ。

新しくなったパスポートを、手にした時のこと。 あれ?永住ビザのピカピカは、もうついてないんだ。。。 ちょっと、さみしい。 久しぶりに見たら「ピカピカ」もっとデカイと思ってたのに、こじんまりだった。 その永住ビザステッカーについては Immigration …

こんなニュージーランドは、イヤだ。

NZの10ドル札で見つめる女性活動家、ケイト・シェパード Kate Sheppard。 NZで暮らす人だけではなく 1年、3年、5年後 いつか、この国で暮らしてみたいあなたへ。 ちょっと、考えてみてほしいんです。 ニュージーランドが、他の「海外暮らし」とちょっと…

あなたの「困った」シェアしませんか?

ニュージーランドに移住して、 ニュージーランド生活で 困ったこと、大変だったこと、ありませんか? このブログでは、 あなたの困った・大変だった体験談を募集しています! ぜひ、このブログのコメント欄に送ってください。 なるべく広く伝わるように、ブ…

NZ不当解雇体験記8。気狂いなのは、私のほうかもしれない。と思っていた。

抜けてた、不当解雇体験記の8です。 <不当解雇体験記7の続き。> uto87.hatenablog.com 調停の前には、 自治体の無料法律相談、Citizens Advice Bureau(CAB)にも行ってみました。 この解雇問題は、なかなか複雑で分かりづらいだろうと思って、 タイムラ…

NZ不当解雇体験記7。Personal Grievance、不服申し立てを書いてみた。

見直してみたら、不当解雇体験記7と8が消えていました。 ごめんなさい、アップします。 不当解雇体験記6の続きです。 uto87.hatenablog.com 元雇用主・松野太郎氏との話し合いは、不調に終わりました。 会社都合で「雇用関係を終了の提案(Proposal)」す…

労働搾取と移住と学校教育と。

ちょっと前に、 知り合いのマオリさんから「これどう思う?」って送られてきた。 www.newstalkzb.co.nz クライストチャーチの日本食レストランのオーナーが 25人もの従業員に対する賃金未払いに対して 雇用法違反のためERAから、 $70000の罰金支払い…

ERA行く前、忘れずに。

ジャシンダおめでたの前に、 Employment Relations Authority(ERA)へ行った時のことを書いたのですが 書き忘れていたことがありました。 <<解雇されてからの就職活動>> 不当解雇を訴える時は、主に次の請求をすることと思います。 Loss of wages:一方…

続けて、ありがとうございます!

ちょっと前に。 2015年に不当解雇されて、 2016年にERAが$15000の罰金の支払い命令を下したのに 未だにまったく支払いを受けていない男性のニュースがありました。 私と似たような状況です。 www.newshub.co.nz ERAには法的裁決を下せても、 …

ありがとうございます!

ウィンドウの右上の、赤いプチにふと目が止まった。 このブログには、わが家のニュージーランド生活で直面したいろんな「困った」に もがいたり、乗り越えた経験を どなたかの参考になったらいいなぁ、と書き残しています。 「ニュージーランドおいし!楽し…

NZの大臣2人と、お話ししてきました!

私のとなりにいるのは ダンナさん、、、ではありません! イアンさんです。 知ってますか? この写真で、誰かわかる人はなかなかのNZ通と言えるでしょう。 ニュージーランドの、 イアン・リース ギャロウェイ移民大臣です。 先日、労働安全・ACC大臣でもある…

NZ不当解雇体験記24。「隠匿」と「労働の搾取」4

「ずるい移民」のせいで 「ずるくない移民」が 「アジア人移民キライ」の犠牲になる。 怒りの矛先になる。 去年マオリかアイランダー2人組に襲撃された、夫の元生徒のように。 Promising student living in fear after hammer attack - NZ Herald (顔面負…

NZ不当解雇体験記23。「隠匿」と「労働の搾取」3

「隠匿」と「労働の搾取」2からの続きです。 uto87.hatenablog.com 多くの国で、永住したい移民はその国に「利益」をもたらさなければなりません。 難民とは違います。 「うちの国に住みたい人。誰でも来てくださ〜い!」なんて 両手を広げてくれる国は稀で…

NZ不当解雇体験記22。「隠匿」と「労働の搾取」2

新しいLabour党の移民大臣&労働大臣、 イアン・リース ギャロウェイ(Iain Lees-Galloway )は 移民と留学生に対する権利侵害の正式な調査を開始するそうです。 リース ギャロウェイ大臣は 移民に対する搾取に関し、移民自身の口から聞きたいそうで 新政府…

NZ不当解雇体験記21。「隠匿」と「労働の搾取」1

先日、NZ在住のドイツ人でインターネット起業家のキム・ドットコムさんに、 国外追放の可能性があるらしいというニュースがNZヘラルドに載っていました。 派手なことして面白い風をこの国に吹く人だなあと思っていたので 残念だなと思っていたら 危険運転の…

NZ不当解雇体験記20。移住環境は、よくなるだろうか?

ビザ手続きをする人は、アドバイザーや弁護士に 「お金払って頼んだから、おまかせ」じゃなくて 自分たちでも漏れのないようにしっかり確認してくださいね。 今年もいつものように 夫のところには永住ビザ取得を目指して、 IELTS7.5から8、中には8.5を…

NZ不当解雇体験記19。移民局、Immigration NZへの報告。

移民詐欺、搾取、不正取引 https://www.immigration.govt.nz/about-us/policy-and-law/integrity-of-the-immigration-system/immigration-fraud 移住に関して不当な扱いを受けた人は、Immigration NZのサイトにもあるように、 ぜひ Immigration NZに通報をし…

NZ不当解雇体験記18。そして、次のステップへ。

さかのぼって、 Employment Relations Authority(ERA)が、 NZ在住の特許翻訳者、松野太郎氏に 私に対して賠償金と賃金3ヶ月分15400ドルの支払命令を下したことが ニュース記事になった頃から、 私も夫も、このことを 知人、初顔合わせの人にかかわら…

NZ不当解雇体験記17。元雇用主の会社を、清算手続きした。

Employment Relations Authority(ERA)は、 Link Technologies Ltd.というたった一人しかいないNZの会社の責任者、 NZ在住の特許翻訳者、松野太郎氏に 元雇用者である私に、 14日以内に 賠償金と賃金3ヶ月分15400ドルの支払うよう、命令を下した。 …

NZ不当解雇体験記16。私の不当解雇が、ニュースになった!

もう一つのInvestigation Meetingが終わった次の日は、 少し息抜きしたかったけど いつも通りバタバタ慌しい日でした。 夜になって、夫がメールチェックしてたら、 だいぶ前に夫と私が不服申し立ての書き方だけ教えてもらった Community Law Centreの弁護士…