Bittersweet in NZ

(the) Melvins を聴きながら。NZの大学のイギリス人英語講師の奥さん目線 & NZ移住して3人の子育て後半戦に挑む奮闘記 & NZで元日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇された体験記などなど。

NZで不当解雇

NZ不当解雇体験記17。賠償金支払い命令は、実行された?

Employment Relations Authority(ERA)は、 Link Technologies Ltd.というたった一人しかいないNZの会社の責任者、 NZ在住の特許翻訳者、松野太郎氏に 元雇用者である私に、 14日以内に 賠償金と賃金3ヶ月分15400ドルの支払うよう、命令を下した。 …

NZ不当解雇体験記16。私の不当解雇が、ニュースになった!

夫のInvestigation Meetingが終わった次の日は、 少し息抜きしたかったけど いつも通りバタバタ慌しい日でした。 夜になって、夫がメールチェックしてたら、 だいぶ前に夫と私が不服申し立ての書き方だけ教えてもらった Community Law Centreの弁護士さんか…

NZ不当解雇体験記15。夫のInvestigation Meeting。

夫と NZの特許翻訳家・松野太郎氏との調停は、 松野氏に散々開始を延期されたあげく、 調停日前日にキャンセルされたため Employment Relations Authority(ERA)に行くようにと、 Ministry of Business, Innovation & Employment (MBIE)に言われて、 私のIn…

NZ不当解雇体験記14。私のInvestigation Meeting。

Investigation Meeting 当日。 よりによって、夜中に犬が2回も下痢して(なに拾い喰いしたの?) 2回も起こされて、寝不足。 もうホント大事な時に限って、 子供が熱!下痢!水ぼうそう!とかになりますね。 それでも子供たちのお弁当を作り、犬をお留守番…

NZ不当解雇体験記13。Authorityにたどり着くまでの、葛藤。

突然解雇されて、調停をしてAuthorityで審議をする。 ここまで順調に来たのかというと、決してそうじゃないんです。 納得してないのに、元雇用主の勝手で解雇されて、 普通だったら、どうしますか? 移民の場合「忘れて、次の仕事生活に移ろう」って なるだ…

NZ不当解雇体験記12。夫の調停がドタキャンされた!!!

そうして、夫の調停日が終わるまで待っている間に Authority Conference Callという三者電話会議が行われることに。 Authority Memberから、私に電話がかかってくることになっている。 このAuthority Memberという人は、 どうやらInvestigation Meeting(審…

NZ不当解雇体験記11。Authority(ERA)に審議申請をした後に。

Employment Relations Authority(ERA)に 正式にInvestigation Meetings、審議の申請手続きを提出すると、 数日後「申請受理の通知」が、郵送で届きます。 私たちが申請時に提出した2件の「The statement of problem(陳述書)」が、 相手に送られたことと…

NZ不当解雇体験記10。夫まで調停することに....

私の調停は不成立に終わったのですが、 Ministry of Business, Innovation & Employment (MBIE)から 夫の仕事の未払い報酬に対しても 個別に立件をして、調停をするよう言われたのでした。 不当扱いを受けてから 不正解雇だと、90日以内相手に送らないと…

NZ不当解雇体験記9。私の調停。

そして、後日。 調停(Mediation) の話し合いをしました。 調停の一週間前くらいに、関係書類を前もって提出するように Ministry of Business, Innovation & Employment (MBIE)から連絡がきます。 ここで証拠書類をしっかり提出しておきましょう。 Mediati…

NZ不当解雇体験記6。元雇用主との話し合い。

それから、他にも Community Law Centreの無料の法律相談でも、相談しました。 communitylaw.org.nz 私の時は、電話相談の予約をして相談しました。 雇用契約には、 「従業員による規則の不履行や窃盗など雇用継続が難しいことが明らかな場合に、従業員に通…

NZ不当解雇体験記5。Department of Labourに相談してみた。

腹立たしい中、 無理矢理お正月が過ぎて、クリスマス休みが終わり、 やっとのことDepartment of Labour (DOL) に 電話することができました。 久々にサイトチェックしてみると、今はEmployment NZという名称になっていて、サイトもすっかり新しくなってます…

NZ不当解雇体験記4。突然の解雇通知を受け取って。

「そうきたか…」 予想していなかったわけではなかった。 私は元雇用主の従業員であったけど、 子供同士が同じ学校に通い、同じ地域に暮らし、 困った時にはその都度助け舟をして出してきた、子育ての先輩ママでもあった。 10代の終わりから、私は日本でた…

NZ不当解雇体験記3。仕事始まってから、突然の解雇通知まで。

元雇用主との初めての話し合いから、年が明けた2013年から仕事が始まりました。 元雇用主は、夫との仕事の契約書は作成拒否したものの、 メール文書で仕事内容の詳細を送ってきました。 私も夫も特許文書は初めてだったので、何度か開かれた研修会は 日…

NZ不当解雇体験記2。仕事について、初めての話し合い。

<NZ不当解雇体験記一の続きです> すると元雇用主は、自分のクライアント達は日本でも大きな会社で、 長年いい関係を築いてきた。 その上、日本は特許件数世界第2位なので 私たちにとってもこの仕事は将来的にも非常に安定しているということを それはそれ…

NZ不当解雇体験記1。元雇用主家族との出会い。

元雇用主の家族との出会いは、2012年の小学校の校庭でした。 お互いの子供が、同じ小学校に通っていたのです。 その頃、我が家の末っ子がその小学校のシニア(高学年)で、 元雇用主のお子さんがジュニア(低学年)。 学年に開きがあるので、頻繁に会う…

不当解雇体験記。はじめに+

NZのオークランドに住んでいる人はかなり感じていると思うのだけど、 本当に人が増えてきました。 車が多すぎて渋滞もすごいし、 “Park and Ride” というバスステーションは、 自家用車を駐車してバスに乗るシステムなのだけど、 いつも駐車場は朝の時点で満…

NZで不当解雇された体験記。はじめに。

NZ移住を考えている人や NZの永住権にチャレンジをしている人へ。 これは、NZ不正解雇と報酬未払いをされ 元雇用主の永住権取得に利用された、お人よし夫婦の体験談です。 私たちのようにだまされたり、人を裏切ってまで永住権をとることのないように 体験を…