Bittersweet in NZ

ウトです。もっとみんなが暮らしやすい国づくりに参加したくて、NZ労働党メンバー・多文化メンバーをしている普通のお母さんです。*政治を考える=生活基盤をつくること*NZの大学で英語講師をするイギリス人夫を支えながら思うこと * 後半期に入ったNZでの3人の子育て*元日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇されて闘ったこと*子供の聴覚情報処理障害(APD)の改善チャレンジなど、個人的意見と体験を書いています。(the) MelvinsとSleepとHigh on Fireを聴きながら。

3人の子育て

息子とAPD5。TOMATISトマティスにココロ傾く。

いよいよNCEAテストが終わって11月の終わり。 Braintrainのエスメ先生のところで、親子3人でインタビューを受けました。 エスメ先生は、学習障害のある生徒を専門に教えています。30年ほどだそう。 3人で席に着くや否や、 「〇〇は今度、Year13です…

息子とAPD4。TOMATISトマティスとの出会い。

教育心理学の先生が強く勧める息子のトレーニング、 Cogmed コグメドの指導できる先生が見つかりました。 学習障害の指導を専門とするBraintrainの先生が、 11月のNCEAテストが終了次第、 12月の夏休みにトレーニングを始めて 少しでも早く、高校の最後…

息子とAPD3。うれしい知らせ。

9月のYear 13のためのクラス編入試験も終わり、 自室のドアの向こうで、NCEA学外テスト(External)の勉強に励む次男。 または おそらく勉強に励んでいるであろう息子。 APD、聴覚情報処理障害の影響で 試験など制限時間内で 考えや小論文を書き切るのが、…

息子とAPD2。教育心理学の検査

SoundSkillsからもらった聴覚情報処理障害、APDの診断書は すぐ、高校の Deanに送って説明をしました。 Deanは主任教員みたいなものかな? こういうことは、クラス担任にも伝えるけれど 教育方針について協力してもらって話を進めていくのは、 Deanの先生と…

息子とAPD1。APD専門医の検査

去年8月半ば。 数ヶ月後に17歳になる次男は オークランドにあるAPD専門の聴覚クリニック、 SoundSkillで朝9時半から聴覚の精密検査を受けました。 www.soundskills.co.nz APDという言葉を初めて聞いてから 私は検査日までたくさん論文や資料で調べていて…

ニュージーランドの誇らしい女性たち、 男性たち。

先日、NZのアーダーン首相が、 現在妊娠中で 6月に出産予定という発表がされました。 おめでとう!わーい!(^^) ニュージーランドでは、去年10月にLabour(労働党)主導の政権となって Labour党首のJacinda Ardern(ジャシンダ・アーダーン)が 首相になり…

流産した時のこと。

わが家には、幸運なことに子供が3人がいます。 でも、長男の後に2回、流産をしました。 流産のことを産まれるまで育たなかったのだから仕方ない、と思える人とものすごく悲しむ人がいますね。 私は、後者の方でした。 最初の流産では、ちゃんと人の形をし…

息子はAPD(聴覚情報処理障害)? いきさつ編2

uto87.hatenablog.com (これの続き) それは、先日のこと。 中耳炎のせいで、息子の耳が聞こえづらくなって2年半。 手術をして2年。片耳の鼓膜チューブが取れてから、1年。 もう一つの鼓膜チューブが取れてないからか まだ、よく聞こえない、おかしい、…

息子はAPD(聴覚情報処理障害)? いきさつ編1

近所の耳のクリニックで 「息子さんにはAPD (Auditory Processing Disorder )の疑いがありますね。」と 聴覚訓練士に言われたのは先日のことでありました。 APD (Auditory Processing Disorder )聴覚情報処理障害とは、 「聴力は充分にあって可聴音は聞…

NZの若者のメンタルヘルスが、心配。

お父さんとお母さんは、子供達のメンタル面が心配だ。。。 NZでは、若者の心の健康や精神疾患の増加が問題視されています。 それに、心理学や精神科医療従事者は、圧倒的に不足していて、 NZは危機的状況なのだそうです。 www.stuff.co.nz 学生たち自ら語っ…

子どもに合う高校って、どこだろう?

先日は、末っ子の娘の三者面談。 「高校はどこに行くか決めた?」という先生。 NZでは5歳から小学校が6年間あって、中学校が2年、高校が5年間あります。 今12歳の娘は、中学校2年目のYear8。 「本人は2人のお兄ちゃんたちと同じR高校がいいみたいな…

Bittersweet な訳。

NZに移住してからよく聞かれる 「ニュージーランド、好き?」 見知らぬNZerには「YES」と答えるものの、心の底からの言葉じゃない。 同じ移民でも、母国の生活環境が劣悪だったり 夜中の物音を「襲われるんじゃないか」と怯えて暮らしてきた国の人たちには N…