Bittersweet in NZ

ウトです。NZでもっとみんなに暮らしやすい環境のための社会改革に協力したくてNZ労働党メンバー・多文化メンバーをしている普通のお母さんです。*政治を考える=生活基盤をつくること*NZ高等教育機関でイギリス人英語講師をする夫を支えながら思うこと * 後半期に入ったNZでの3人の子育て*元日本人雇用主の永住権取得と同時に不当解雇されて闘ったこと*子供の聴覚情報処理障害(APD)の改善チャレンジなど、個人的な意見と体験を書いています。(the) Melvins を聴きながら。

2018-02-10から1日間の記事一覧

息子とAPD5。TOMATISトマティスにココロ傾く。

いよいよNCEAテストが終わって11月の終わり。 Braintrainのエスメ先生のところで、親子3人でインタビューを受けました。 エスメ先生は、学習障害のある生徒を専門に教えています。30年ほどだそう。 3人で席に着くや否や、 「〇〇は今度、Year13です…

息子とAPD4。TOMATISトマティスとの出会い。

教育心理学の先生が強く勧める息子のトレーニング、 Cogmed コグメドの指導できる先生が見つかりました。 学習障害の指導を専門とするBraintrainの先生が、 11月のNCEAテストが終了次第、 12月の夏休みにトレーニングを始めて 少しでも早く、高校の最後…

息子とAPD3。うれしい知らせ。

9月のYear 13のためのクラス編入試験も終わり、 自室のドアの向こうで、NCEA学外テスト(External)の勉強に励む次男。 または おそらく勉強に励んでいるであろう息子。 APD、聴覚情報処理障害の影響で 試験など制限時間内で 考えや小論文を書き切るのが、…