Bittersweet in NZ

NZの大学のイギリス人英語講師の奥さん目線 & NZ移住して3人の子育て後半戦に挑む奮闘記 & NZで元日本人雇用主の永住権取得と同時に、不当解雇された体験記などなど

子どもに合う高校って、どこだろう?

先日は、末っ子の娘の三者面談。
 
「高校はどこに行くか決めた?」という先生。
 
NZでは5歳から小学校が6年間あって、中学校が2年、高校が5年間あります。
今12歳の娘は、中学校2年目のYear8。
 
「本人は2人のお兄ちゃんたちと同じR高校がいいみたいなんですけど、
(隣の)L高校との違いを教えてください。」
 
「R高校はネイティヴ向けで、勉強によりサポートが必要ならL高校がいいけど、
アカデミックな〇〇はR高校が向いてるわね。」
 
やはりそうか。兄ちゃんの時と同じ。
L高校とWB高校はノンネイティブ向きで、R高校はネイティブ向きと
8年前のあの頃も言われた。
 
R高校は、NZ最大の高校で生徒数が多いから、
全員がきめ細かく指導してもらえるとは限らない。
 
大丈夫って言われて信じてたら、大丈夫じゃなかった、
ついていけなくなった、っていうのはよくある話で、
大丈夫じゃないことに気がつかないっていうこともあります。
 
こちらの学校は、通いたい学校の学校区内(ゾーン内)に住所がある、
つまり住んでないといけません。
学校区外で許可されることもあるけど、近年の生徒数増加で年々厳しくなっています。
 
当然良いとされる学校の学区は、住宅費が高くて富裕層が集まるので、
治安が比較的いいけど、
よっぽど安い時に家を購入したか、それなりの所得がないと
住み続けるのが大変です。
 
自身もR高校の先生の「いい高校よ。」の言葉に、
「そうですね。落ちこぼれなければね。」と返事したら、
「〇〇は大丈夫。」苦笑い。
 
そう。この先生も娘のクラスを2ヶ月教えただけで、今週で教職を離れてしまう。
 

f:id:uto87:20170706200055j:plain

 
住宅費の高騰と教員の収入の低さで、教員の減少が進んでいて、
いい学校と言われるR高校でも、パタパタと辞めて行く。
 
去年の次男のコンピューターテクノロジーの授業は、元々数学の先生の兼任で、
説明は一年通して「全部、サイトを読みなさい。」
息子の友達が、中国人の先生だから英語でちゃんと説明できないんだ、と
怒りながら教えてくれた。
 
R高校は、NZ最大の高校で生徒数が多いから、
しっかりついていかないと落ちこぼれる。
 
長男の入学した8年前と次男の4年前と比べて、
最近は「いい先生に当たる」ことがすごく大事。
 
子供にちゃんと指導してもらえるように、印象薄くならないよう
親も熱心さをアピールすることが、特に高校5年間は大事だと、痛感しています。
 
R高校には、ノンネイティブの生徒も多いのだけど、
担任の言ったように手厚いサポートが必要な子は、
L高校を選ぶ方がいいと思うのです。
 
親の行かせたい学校、じゃなくて子ども自身に適した所を。
 
 
なぜそう感じるかというと、
それは、NZで生まれ育ったにもかかわらず、英語がネイティブのように
身についていないアジア人をたくさん知っているからです。
 
夫はこの約10年で、8校しかないNZの大学のうち3校で教えた経験があって
現在も2校やそれ以外で、ノンネイティブを中心に
アカデミック英語を教えています。
 
長年英語教育を受けてきたのに、思うように上達していない人たちを、
たくさん見てきているのです。
 
現実に。日常的に。
 
 
そして、思春期20代、30代になっても、
自分に自信がなかったり、引け目を感じたり、
時には、もっと重苦しい気持ちでいたりするのです。
 
このことは、またの機会に書きますが、
たいてい親に隠していることが多いようです。
 
 
 
私は30年近く言語を教える夫の横で、
数多くの生徒を見てきて、25年以上になります。
 
日本でも子育てをして、
NZの幼稚園から大学まで、3人の子を育てて、
義務教育以降の教育事情を、現場で熟知している夫が家族にいるからこそ、
長いプロセスで、子どもや人の成長を見つめられて、わかることがあります。
 
親や学校から、適切なサポートが受けられていないから抱える痛みに、
気づいた時は、私たちもつらいです。
 
 
先日は、夫を車で迎えに言った時に、
夫が以前教えた中国人学生が歩いていたので、
夜遅く寒いこともあって、家まで送ってあげました。
 
NZで育って、いい高校と言われるWB高校にも通ったそうだけど、
英語はネイティのようにはなっていなかった。
この前遊びに来た、長男の日本の小学校の友達の英語の方がずっと上手で。
 
 
長男は、小学校6年生まで日本で過ごしたので、
英語を本格的に始めたのは、NZの中学校の1年目のYear 7からだったけど、
ESOLで学んだのはその年1年間だけで、次の年からESOLはしませんでした。
それで、彼はネイティブ向きのR高校を勧められたのでしょう。
 
でもNZに来たばかりの1年目は、
自分から先生に、ネイティヴの生徒と同じ宿題を出してもらっていたそうで、
毎日夜遅くまで、勉強していました。
私も慣れない新生活と、幼稚園と小学校に行き来しながら、疲れていたけど
とても先に寝ることはできない。
 
お父さんが先生だから教えてもらえるからいいと、思われるかもしれないけれど、
本人は頑としてお父さんから教わるのを拒否してて、
自分の力で周りに追いつこうとしていました。
無駄に頑固で、ほとほと困りましたが
私のサポートは聞いてくれていたので、一緒に夜遅くまでつきあっていました。
 
我が家では、家族に言語学のプロがいても、
工夫して、学校の指導以上のことをしてきました。子供が生まれてからずっと。
 
日本では日本語を、NZでは英語を、言語の基軸にするために。
 
移住してきたアジア人のご家庭では、英語を基軸言語にするために
どんな秘策・対策を取っているのでしょう?
 
自分の能力を発揮するだけの英語力が、十分についていない生徒たち、
子どもの適切な環境を選ぶより、親の都合が優先される家庭を見るたび、
ギモンに思います。
 
高校選ぶ時に、子どもに合うところではなく親の希望で進める場合は、
  • 高校5年間、学校が求める以上の勉強のサポートができる高い英語力が親自身にあるのか?
  • 多忙な教師たちから自分の子にあった指導を引き出す、コミュニケーション能力が親自身にあるのか?
  • 大丈夫と言われる事の大部分が「大丈夫じゃない」NZ生活において、「大丈夫と言われたけど、『実は』大丈夫じゃない」を見抜ける洞察力があるのか?
これらは高校に限ったことではないけれど、
この上の3つの点で、親御さん自身がやっていける確信があるのか、
まず自分たちに問い正すことが大事だと思います。
 
 
それにしても、末っ子がもう高校に行くとは…
こないだまで、ちっちゃいヒヨコみたいだったのになあ。
 
早いなあ。

不当解雇体験記。はじめに+

NZのオークランドに住んでいる人はかなり感じていると思うのだけど、
本当に人が増えてきました。
 
車が多すぎて渋滞もすごいし、
“Park and Ride” というバスステーションは、
自家用車を駐車してバスに乗るシステムなのだけど、
いつも駐車場は朝の時点で満杯で、車止めるとこがなくて
雨でグチョグチョの芝生の上に、みんなガンガン車置いてバスに乗って目的地へ。
うちの夫は汚れると困るので、ママタクシーでいつも送り迎え。
 
記録的な移民の流入で、住宅価格が高騰し、
教員の安い給料では、住宅価格や賃貸費用が払えなくて、
学校の先生たちはどんどんオークランドを離れています。
うちの子の先生も今年数人辞めて、担任も半年で2人辞めてしまいました。
 
「いい先生を確保するのが、本当に大変だ。」と、
うちの子の中学の校長も新聞で嘆いていたけど、
その校長自身が後任のいないまま、もうすぐ辞めてしまいます。
 
生徒数が増えすぎて、教室が足りなすぎて、
子供達の学校の校長や先生達も、この数年奮闘し続けて、
苦情を政府やメディアに訴え続けているのはずっと知っていました。
 
先日は上の子の高校の校長も辞めてしまい、今度となりの高校の校長も辞めてしまう!もう、どーなってるのーーー!!!!
 

f:id:uto87:20170704173523g:plain

 

このグラフ見てみると、人増えたなぁって実感してた頃に
ちゃんと増えてるんですよね。
 
 
先日地元紙に、移民問題に詳しいマセー大学教授が、
来たる9月の選挙について
「アメリカのような“移民排除”の流れを作ってはいけない。」
という発言をしました。
記録的な移民増加は、マイナス面よりもプラス面をもたらし、
地域の活性化や利益につながる、と。
 
でも、受け入れ体制を整えないまま、「移民歓迎」って言っても、
「そりゃ大学にとって、外国からの学生は大事な資金源ですから…」っていう
魂胆が見え見え。
教授のこれ関係のリサーチは、500万NZドルなんだそう。
なんで??
最前線で学生たちと向き合ってる先生は、給料少ないというのに!!
 
それに対して、イギリスからの移民の読者が、
近年の急激な移民増加によるオークランドの飽和状態のせいで、
移民に対する住民の不満が激増しているのは明らかであり、
現政権の国民党の移民政策には反対、との意見しました。
 
この読者は、オークランド大学准教授の、
移民労働者の権利に関する研究レポートにも影響を受けたそう。
この研究には、永住権のためにひどい労働条件下にある人
逆に苦労せず、条件を満たさないのに「永住権を買う人」のことも取り上げられています。
 
そして、こういった移民問題の議論に注目する人たちが
じわじわと私の体験にも、注目するようになってきたのです。
 
私の元雇用者は、翻訳会社のビジネスをしながら
永住権チャレンジをしていたのですが、
結局、ビジネス運営は悪化、クライアントとのコネも失い、
NZに必要なスキルもなく、NZの利益になるような投資もできず、
英語の専門家に仕事をさせておきながら一銭も払わずに、
なぜかNZ永住権の許可を得たのです。
 
移住コンサルタントもついていたし、
移住に詳しいらしい弁護士がついていたにもかかわらず。
 
そして、Employment Relations Authority (ERA)から、私への行為は、
「不当解雇である。」という裁決を出されて、
賠償金支払命令も出たのに、未だに無視し続けて支払っていません。
会社経営していた間、専門家である夫の仕事の賃金も支払わず、
今もNZに暮らしているようす。
 
おそらくNZ在住の翻訳家、Authorityの法的な命令を現在も無視したまま
「法律文書を扱う特許翻訳家」として。
 
もしかしたら「自分も永住権取るの大変だったんですよ。」と、
周りの永住権チャレンジ中の人を励ましているかもしれないですね。
 
この体験が人に伝わるにつれて、
「そういう金も、ビジネスも、スキルもない移民に、
なんでNZの教育・医療・年金の恩恵を奪われなきゃいけないんだ!」という声が、
NZer(キウイ)や真面目に永住権取得した移民たちから出るようになったのです。
 
さらに、9月の選挙を前に
「そういう移民を放置しているのは、国民党政権が腐敗しているからだ!」
という怒りにもつなげる意見もあります。
 
不当解雇するような経営者を、
もっと厳しく取り締まるべきだという流れも出てきているのです。
 
夫がこれまでたくさんのノンネイティヴに英語を教えてきたので、
懸命に永住権にチャレンジしながらも願い叶わぬ生徒さんたちを、
たくさん見てきました。
 
それにひきかえ、NZと従業員を裏切ってでも永住権を取って
平然と住み続ける人の矛盾。
 
こういうケースは多いそうです。
 
真面目に努力する人たち。
不正を減らそうと戦っている人たち。
労働者の人権を守ろうとしている人たち。
 
ニュースに取り上げられるほどの体験なんだから、
書き残していくべきだ、という後押しもあって。
この国を暮らしやすくするための題材になるのなら、
これからも惜しみなく伝えていくつもりです。
 
NZには当然、まっとうに翻訳・特許翻訳業をされている方がたくさんいるので、
迷惑がかからないように、ネットニュースのリンクを貼っておきます。
 
 
この不当解雇のニュースは、Authorityの裁決が元になっているので
個人名が載っています。
 
Authorityの裁決は調べれば誰でも閲覧できる公文書であるので、
公開されても問題がないことは確認済みです。自分の体験ですし。
 
これらの件に関わった移住コンサルタントと弁護士の名前は、ここでは出しませんが、
NZ移民局(イミグレーション)は、我が家の一件以降、
双方の関わる移住案件には厳しい監視を続けていくそうです。
 
我が家の永住権チャレンジでは、自分たちだけで調べて申請したので、
移住仲介業者が、どの程度ビザ申請に関わるのかわからないのですが、
もし、自分のお願いしている移住コンサルタントや弁護士がこれに該当してるか
心配な人は、任せっきりにしないで、
自分でも自己責任でしっかり移民法など読んで調べるといいと思います。
 
それでももし、心配で誰だか知りたいという人は、直接メールして質問してください。
 

NZで不当解雇された体験記。はじめに。

NZ移住を考えている人や
NZの永住権にチャレンジをしている人へ。
 
これは、NZ不正解雇と報酬未払いをされ
元雇用主の永住権取得に利用された、お人よし夫婦の体験談です。
 
私たちのようにだまされたり、人を裏切ってまで永住権をとることのないように
体験を伝えていこうと思います。
 
 
ビザ取得のために、不当な扱いを受け入れざるを得ない人や
ビザ取得や安定した雇用をエサに、不当な扱いをさせている人へ。
 
過去に不当扱いを受けた人、今受けている人は、ぜひ、
通報する勇気を出してほしいです。
 
不当行為は明らかにしなければ、行政も動けないし、なくなりません。
人を裏切っても平気な人を、野放しにするだけです。
 
 

f:id:uto87:20170612165222j:plain

私は、永住権取得を目指すNZ在住の特許翻訳家のもとで
表向きはただ一人のフルタイム従業員として、
2013年と2014年の2年間働いていました。
 
2014年のクリスマス直前、その元雇用主が、
元雇用主が、永住権ビザのスタンプを押されたパスポートを受け取った当日に、
勤務していた2年間、実は会社の業績は悪かったのだと突然告げられ、
解雇されました。
 
その2年間に元雇用主は、
NZから輸出されるサービス、高品質な特許翻訳の証明として、
英語の専門家である夫にも仕事を依頼し続けていました。
 
元雇用主は2年間、夫の仕事を行政に報告せず隠し続けて会社経営をし、
報酬未払いのまま、
ビザを申請をし、元雇用主の永住権は許可されました。
 
 
不正解雇と報酬未払いのケースは、それぞれ不服申し立て、調停のプロセスを経て
昨年2016年、The Employment Relations Authority (ERA)で
「不当解雇」の裁決と賠償金$15K(約120万円)の支払い命令が出ました。
ネットの、Stuffニュースにも取り上げられました。
 
元雇用主には、夫が報酬未払いを何度も請求していますが、
現在もまだ無視されたまま、賠償金と共に、未払いのままです。
 
「法律文書」である特許の翻訳者であるにもかかわらず
NZの司法裁決を無視し続けたまま
おそらく彼は現在も、ここNZで特許翻訳を続けていることでしょう。
 
 
これまでに、移民問題における不正や犯罪の減少に尽力する
NZの行政機関の方々の、
不正行為への強い怒りをひしひしと感じました。
 
勝訴して「不当解雇」が認められたのは、風を送ってくれた方たちのおかげであり、
職務上直接的ではなくても、後押しを感じ取ることができたからです。
 
その思いを無駄にしないように、ここに残していこうと思います。

Bittersweet な訳。

NZに移住してからよく聞かれる
 
「NZ好き?」
 
見知らぬキウイには「YES」と答えるものの、心の底からの言葉じゃない。
 
 
同じ移民でも、母国の生活環境が劣悪だったり
夜中の物音を「襲われるんじゃないか」と怯えて暮らしてきた人たちには
NZの方が明らかにいいわけで、「YES」というその返事も明るい。
 
 
でも、ヨーロッパや北米とかからの移住者と二人っきりになって話すと
ちょっと違う。
 
 
ある日、アメリカから移住して来た彼女は、初めて会った私の問いにこう答えた。
 
「…うーん、半分半分かな…。住んでみたら、なんか聞いてたことと違うなって。」
 
実は彼女は、先に私に好きかどうかを聞いてきた。
今は心から好きとは言えないな、という私の返事に饒舌になってきた彼女は
あの時、自分のモヤモヤを共感できる誰かの言葉がほしかったんじゃないだろうか。
 
 

f:id:uto87:20170612165631j:plain

 
東京で私は、イギリス人の夫との間に3人の子供達に恵まれて
「子育ては、日本とイギリス(英語圏)で」という夫婦共に強い思いがあった。
 
子育て前半を豊かな文化の日本で過ごし、いざイギリスに移ろうとしたのだけど
その治安の悪さを心配して、NZの永住権を申請してみたら許可が下りたので
オークランドに移住した。あっという間に、10年目に突入した。
 
NZの子育ても10年ほどなので、子供たちの仲良しを通じて
ママ友達やその家族もひっくるめて、お互い助け合っている。
 
周りのママ友達は、ほとんどキウイやヨーロッパからの移民なのだけれど
のんびりNZで、のほほんと子育てしているか?っていうとそんなことは全然ない。
そんなこと言ったら、みんなきっと怒るはず。
 
我が家もけっこう考えて、がんばっているけど
周りには本当に長い間努力している人たちがいる。
だからしんどい時は、お互いになぐさめたり、励まさずにはいられない。
キツイのが少し和らいで、なんとか乗り越えられるように。
 
子供の教育に悩んだり、先生や学校と話し合ったり、もめたり
子供のいいとこ伸ばそうと、伸ばして将来自立していけるようにと
みんな一生懸命なのだ。
 
それは、どこにいてもおんなじじゃないだろうか。
日本でも。のんびりっぽいNZでも。他の国でも。
 
NZの生活を書いていくのに、いいことだけを書いていくのは
私にとっては、ウソだ。
 
暮らして見たら「なんか違う。」ってかなり多くの移民が思うのは
苦い部分を、前もって知る機会が少なかったからじゃないだろうか。
 
それに私たちは、夫の方が特にそうだけれども
NZで生まれたり育ってきたりしてきた移民の子供たちから
英語のレベルが、環境・能力・仕事に十分だったり
自分の納得するレベルに達していないという悩みをたくさん聞く。
それはほとんどがアジア人だ。
悩みの中には、かなり深刻な場合もある。
 
英語習得の明るい「成功例」は表に出やすいし、移民が信じたいことだ。
英語力がネイティヴのように身についていない
あるいは英語も母国語も中途半端な状態は、表には出にくい。
ほとんどが隠しているし、「親には言っていない。」から。
 
両方の言語が中途半端なのを「ダブルリミッテッド」というらしく
この呼び名を好まない人もいるようだけど、好き嫌いに関わらず
こういう状態に苦しんでいる人たちがいるわけで
その苦しさを明かされるたびに、本当に気の毒でならない。
親は何してきたんだ、と。
 
いろんな人たちの、たくさんの苦い思いを隠せない。隠すのは、ウソだ。
 
だから、苦しいのも、楽しいのも、書き残していこうと思う。